アークヒルズ・サウスタワーにオープンした注目店

エントランス

入りやすいエントランス

日本ワインの草分け「シャトー・メルシャン」が、ワイナリー直営となるバルをオープンした。場所は六本木一丁目アークヒルズ・サウスタワー。インターナショナルなビジネスとアートの総合エリアともいえるアークヒルズのほぼ中央に位置するサウスタワーの地下商業ゾーンは、この1月、「アーク・キッチン」として食の注目店が一気にオープンした。

その中の一つが「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」というわけだ。シャトー・メルシャンの歴史は長い。1877年、日本初の民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をスタートに、“はじめにブドウありき”を合言葉として、土地の個性を大切にワイン造りを繋いできた。今では山梨をはじめ、福島、秋田、長野と4県にわたり自社畑を所有し、風土を生かしたワインを生み出している。

この「トーキョー・ゲスト・バル」はワイナリー直営ということで、各ワイナリーの魅力をそのまま東京で感じることができるのが大きな特徴だ。まさにワイナリーのアンテナショップともいえる存在。


少量を飲み比べできるのがうれしい

カウンター

日本ワインもこんなに種類があること

まず、ワインは常に20種以上を常備。直営らしくできたて新鮮なものから熟成に向くタイプまでさまざまに揃うのが素敵だ。

メルシャンワイン商品詳細

あれこれ飲み比べをしたいというときも、60mlグラスと120mlグラスを選べるのがいい。自分好みのタイプを探しつつ、ソムリエ気分で飲み比べができる。

 

おつまみ

おつまみの味は控えめ

オープンキッチンで作られる自慢の料理は、片手でつまめるピックフード。ワインにピッタリのハム類やクリスピーな揚げ物、エビのアヒージョや牛ほほ肉のワイン煮込みなどそそられるものばかり。料理の食材は、自社畑がある「山梨」「長野」「秋田」「福島」から届けられる。地元の食材と地元のワインの組み合わせを堪能できる仕組みが、日本ワインならではともいえる。

たとえば、マスカット・ベリーAと地鶏のレバー・ピックグリルとの相性、自家製スモーク盛り合わせと甲州・グリ・ド・グリの相性、牡蠣のグリルと新鶴の泡(スパークリング)の相性……など、その土地のワインと食材組み合わせの良さを体験できるのはワインファンにはたまらないはず。

もうひとつのポイントは、卓上にあるシーズニングセットだ。この日は「トリュフソルト」「アールグレイソルト」「レモンソルト」「苺のコンフィチュール」「ドライトマトのチリオイル」の5種が置かれていたが、これを使って自分好みに味付けをして食べるというスタイルが楽しい。これだと一つの食材でもさまざまに体験できるし、ワインに合わせてアレンジができる。ゆえに、おつまみそのものの味付けは控えめだ。


地元のワインと地元の食の組み合わせ体験

シーズンイング

シーズニングがこれ

ウッディテイストの店内は47席で、気候が良くなればテラス席も設置されるとか。

なぜ「ゲスト・バル」という名前になったかをメルシャン営業本部ブランドマネージャー、安部雄一郎氏にうかがえば、「どうしてもシャトー・メルシャンというと格式高くかたいイメージをもたれてしまうので、いろんな方を幅広くお迎えし、カジュアルにお楽しみいただきたいという思いを込め、ゲスト・バルと名付けさせていただきました」とのこと。なるほど。ならば思いっきりワイワイと楽しませていただこうじゃない。

店内

広いカウンターと大きめのテーブルが印象的

明るい店内は、オープンカウンターとキッチンは清潔感があって心地いいし、セミナー使用にも造られている様子。これからワインイベントがさまざまに開催されそうで、期待値高し。
さて、あなたも仕事帰りに一杯立ち寄ってみる? 日本ワインの底力、体験できるはずだ。


【店舗情報】
シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル
住所:106-0032東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー B1
アクセス:東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅直結、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅徒歩10分、東京メトロ銀座線「溜池山王」駅徒歩10分
TEL&FAX:03-6441-2230

営業時間:
平日(月~金)11:00~23:00
・ランチタイム 11:00~ 15:00(ラストオーダー 15:00)
・カフェタイム 15:00~ 18:00
・ディナータイム 18:00~ 23:00(ラストオーダー 22:00)

土・日・祝日 11:00~22:00
・デイタイム 11:00~ 17:00
・ディナータイム 17:00~ 22:00(ラストオーダー 21:00)

<おまけ>
ワイン

カーヴ・ド・リラックスの出店はワインファンにうれしい

アークヒルズ・サウスタワー商業ゾーンにはこのほかにも魅力的なお店が入っている。ナチュラルフードマーケットの福島屋、カーブ・ド・リラックスがプロデュースするワインショップ「The Celler Roppongi」、熟成肉のグリルステーキ&ハンバーグの「肉屋 格之進F」、ハンバーガーショップ「ザ・サードバーガー」、2月上旬には「ミシュラン三ツ星の鮨店「鮨 さいとう」が入る予定。ちょっと目が離せない感じだ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。