爽やかなソーヴィニョンから


西友が英国アズダ社の独自ブランドワイン「エクストラスペシャル」を導入して、人気を博している。店頭には18種類のワインが並んでいるが、これだけ種類があると西友の店頭で、いったいどれを買えばいいのかと途方に暮れる読者もいるだろう。そこで今回は18種類すべてを試飲して、おすすめワインを挙げてみよう。

『アズダ エクストラスペシャル チリ産 ソーヴィニヨン ブラン』 850円

スクリューキャップなのでコルク栓よりはるかにフレッシュな風味
「エクストラスペシャル」第1弾では、南アフリカ産のシュナンブランというブドウで造った白が580円でセンセーションを呼んだ。これがおいしかったという人に、次に試して欲しいワインがチリの白ワインである。ソーヴィニョン・ブランという爽やかな品種で造られているので、ピュアな梨やハーブの香りに包まれて幸せな気分になれるに違いない。

ラベルの写真にはチリのソーヴィニョン・ブランとしか書いてないので、生産者は公開されていない。だが、これだけ涼しげな透明感のある風味である。おそらくは海に近くて涼しい海風にさらされた畑のブドウを使っているのだろう。瑞々しい風味で、疲れを吹き飛ばしてくれるようなリフレッシュ感がある。食事やパーティーの始まりに、さくさくした歯ごたえのある野菜やハーブの料理、タコチップスでサルサソースをすくってパリパリ食べるといったおつまみ、こんな食べ物と合わせればいっそう清涼感が増すだろう。

さて、もうすこしコクがあってドライで大人の味に進みたいあなたは次のワインである。