免税事業者も消費税を請求していいの?

では、免税事業者は消費税分を請求しても良いのでしょうか?つまり、納めなくてもいいのにお客様に請求していいかどうか?ということです。

結論からいいます。

免税事業者でも消費税は請求できます!

消費税は商品・サービスや固定資産などの譲渡に対して課税される税金。免税事業者なのか課税事業者なのかとは無関係なのです。このような仕組みになっている理由は、取引相手が免税事業者か課税事業者かを、いちいち確認することは物理的に不可能だからです。

また、売上に対応する仕入や外注費、経費などで消費税を支払っていますよね?その分を売上側で請求しなければ、自分がその分を負担することになってしまうのです。

堂々と請求しましょう!~知らないと結局、損をする

「起業したばかりだったら、免税でしょ?だったら、消費税分は引いておいてよ」

取引先から、こんな風に言われることがあるかもしれません。このような言葉に惑わされないようにご注意を。これは単なる値引き要求です。起業したばかりで足元を見られているともいえるでしょう。理論武装のうえ、冷静に対応を検討しましょう。

個人事業の始め方を本にまとめました!

個人事業での開業は海外への一人旅のようなもの。十分な準備もせずに出発してしまえば、遭難したりトラブルに巻き込まれたりしかねません。日頃の経理以外にも、事業計画書の作成、資金調達、許認可、人事労務、各種届出、税務申告など、幅広い知識を身につけておく必要があります。

そこで、個人事業主としてこれから一人旅に旅立つ方を導くガイドブックとして、ガイドが監修した書籍が発売となりました。「オールカラー 個人事業の始め方」です。全ページフルカラーで基本的なところからわかりやすく解説しています。ぜひ、こちらもご活用ください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。