NHKラジオ講座・2つのビジネス英語講座を使いこなす!

ビジネス英語への注目が集まっています。楽天、ユニクロなど社内英語公用語化に踏み切った企業に限らず、一般的な国内企業でも海外の会社との直接の取引をする傾向が高まっているからだと思われます。ビジネスで使う英語、「ビジネス英語」というと難しそうですが、その学習の一番の近道がNHKのラジオ講座での学習でしょう。安価で最も費用対効果が高いと言う点で最適の学習教材といえます。

今回は、NHKのラジオ講座を使いこなして、ビジネス英語をマスターする方法をご紹介いたします。


入門編と実践編どう使い分ける?

まず、ラジオ講座には、2種類のビジネス英語講座があります。

1.入門ビジネス英語 
  毎週:月・火   午後0:40~0:55
  再放送:月・火 午後11:20~11:35
(土:2回分再放送)

2.実践ビジネス英語
毎週 水・木・金 午後0:40~0:55
再放送:水・木・金曜日 午後11:20~11:35
(土:3回分再放送)



入門ビジネス英語の特徴

"nhk"

NHKビジネス英語講座活用法!

入門ビジネス英語は、レベルは「入門」となってはいますが、基本、CEFR(語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格)でB1に相当すると記載されています。講師は、同時通訳者の関谷英里子先生。アル・ゴア米元副大統領やダライ・ラマ14世、フェイスブックCEOマーク・ザッカ―バーグ氏など一流講演者の同時通訳を務めた経験を持っています(ラジオテキスト1月号より引用)。

講座のテーマ
「この一言で突破しよう!」をテーマに、ビジネスの現場で効くフレーズを紹介する内容となっています。

こういう場面で英語でどう言えばうまくいくか、状況説明の仕方、そして具体的な語彙の説明も含んだ、実践的ですが分かりやすい内容となっています。毎回、1つのフレーズを覚えていくだけでも、実践的な英語表現が身につく内容です。まずは、ビジネス英語、ここから始めてみるに最適であるといえます(一部引用同上)。

入門ビジネス英語


実践ビジネス英語の特徴

"nhk"

NHKビジネス英語講座活用法!

実践ビジネス英語は、レベルは、CEFRでC1に相当する内容と記載されています。

講師は、過去25年以上にわたってこの講座を担当している、杉田敏先生。アメリカの日刊紙「シンシナチ・ポスト」の経済記者などを経て、日本ゼネラル・エレクトリック取締役副社長(人事・広報担当)、バーソン・マーステラ(ジャパン)社長、電通バーソン・マーステラ取締役執行副社長を歴任、現在は、プラップジャパン代表取締役社長を務め、まさに実践ビジネスの世界を生きている方です(ラジオテキスト1月号より引用)。

講座のテーマ
「ビジネス英語力」の上達を目的に、「実用性」「ビジネス習慣」「語彙力」「英語知識」の4つの要素に重点を置いた内容です。狭い意味でのビジネス英語、時事英語という枠にとらわれず、up-to-dateな国際ビジネス環境を反映したテーマを中心としたトピックが取り上げられます。会話文は、実際のビジネスシーンに即した内容となっています(引用同上)。

NHK実践ビジネス英語


次のページでは、2つの講座の使い分けと活用法です。