3つの視点のどれに近いですか?

notok1

気づかないうちに「Not OK」な発想をとっていませんか?

突然ですが、あなたは次の3つのうち、どの視点に近いですか?

1. 周りはすごいけど、私は大したことないと思う
  • 「隣の芝」が青く見えることが多い
  • 気がつけば「私なんて」を口走っている
2.「あいつのせいだ」とイラつくことが多い
  • 「私は正しい」と意見を曲げないことが多い
  • 私は周りより勝っており、人を見下すことが多い
3. 私の良いところも他人の良いところも分からない
  • 他人が信じられず、私の力も信じられない
  • 他人に期待しないし、他人から期待されることもない

1は「私はNot OK、あなたはOK」という自己否定や劣等感に満ちた視点、2は「あなたはNot OK、私はOK」という他者攻撃的で自己中心的な視点、3は「私もあなたもNot OK」という虚無的で絶望的な視点です。

「OK」と捉える人・「Not OK」と捉える人

notok2

「Not OK」な発想がストレスを生んでいる

このような「Not OK」の視点を持つことは、とてもストレスのたまることです。「私はNot OK」と自己否定すれば他人からは攻撃されにくいですが、自信をなくします。「あいつはNot OK」と他者否定すれば自分が傷つくことは避けられますが、友だちをなくします。「私もあいつもNot OK」と両方否定すれば、期待して落胆するリスクはありませんが、人生は暗闇になります。

一方、こうした発想をしない人もいます。上の3つにピンとこない人は、次のタイプに近いのではないでしょうか?
  • 自分と他人の良いところが同じくらい頭に浮かぶ
  • 人には苦手なことや恥ずかしいことがあって当然だと思う
  • 色々な人がいて、お互いに協力しあっていくのが世の中だと思う

このように、「私もあなたもOK」と自分の価値も他人の価値も認め、悪いところも受け入れ、助け合おうとする人は、ストレスをためずに人生を送り、世の中を渡っていくことができます。

とはいえ、現実には「Not OK」タイプの人の方が多いもの。では、どうしてこの発想になってしまうのでしょう? 次のページで考えてみましょう。