ゴツゴツ型におすすめの施術

ゴツゴツ型

ゴツゴツたるみ型の老化ポイント

ゴツゴツ型で主に気になる箇所は下記の通りです。

特に目の下のゴルゴラインと呼ばれる場所や頬の凹みなどがぱっと見の印象を決める場所と言えます。ふっくらした頬は優しそうで若い印象を与えます。この場合一番若く見える施術はゴツゴツした部分にヒアルロン酸などを注入し肌を滑らかに見せることです。

ゴルゴラインには
溝を埋めるように注入が必要になるので、一般的にはヒアルロン酸を注入します。

女性画像

ふっくらした頬は若く見える

頬には
ヒアルロン酸を入れてふっくらさせます。ガイドがよりおすすめだと思っているのは自分の脂肪を注入する脂肪注入です。

脂肪注入の利点は、ヒアルロン酸よりも柔らかいため、より自然で自分で触っても全く違和感がないこと。ヒアルロン酸が半年から1年かけて吸収されるのに対して、定着した脂肪は半永久的に自分のものになります。定着率も最近の技術の進歩により1回で80%くらい定着するというクリニックもあります。それでもだいたい2~3回程度繰り返して自分の気に入った状態に持っていくことが多いようです。

こめかみの凹みには
ヒアルロン酸やレディエッセ、脂肪注入などを注入しますが、しっかり持ち上げるならレディエッセが良さそうです。脂肪注入ももちろん自分の柔らかさに近くなるのでおすすめですが、脂肪を吸引しなければいけないので、こめかみであれば脂肪注入まで行うのは積極的にはおすすめしません。

なお脂肪注入の際の脂肪吸引は吸引する脂肪の量も少ないため、痩身の際に行う脂肪吸引とは違い局所麻酔で行える程度のものです。

注入画像

深いシワには注入が効果的

眉間の凹凸には
ボトックスでシワを軽減したり、深いシワにはヒアルロン酸を注入するケースもあります。


ゴツゴツ型の人がたるみに効果的なレーザー治療を受けた場合に、人によっては引き締まることにより、余計にほっそりしてしまうケースもあります。自分の老化のパターンを理解した上で、費用対効果の高い施術を選ぶことが大切です。

次のページではふっくらたるみ型のおすすめ施術をご紹介します