一人暮らしの自炊初心者がよくつまづくこと。それは、せっかく買ってきた食材を使い切れないことです。

ひとり分の料理では、買ってきた食材を一度で使い切れないことがよくあります。保存法や調理法の工夫も大切ですが、一人暮らしでは、まず必要な食材の量や種類を見極めた買い物をするのがポイントです。

買い物前に冷蔵庫をチェックする

冷蔵庫を確認

料理をしない日でも、一日一度は冷蔵庫の中をチェックする習慣があると◎

一人暮らしだから、毎日買い物、毎日料理をするわけじゃない。だから、今、冷蔵庫の中に何が残っているか覚えてない……。そんな状態で買い物に行ってしまうと、まだ残っているものを買ってしまったり、買わなきゃいけないものを買い忘れたりすることが増えます。
食材を使い切るためには、無駄な買い物をしないこと。それが節約にもつながります。買い物に行く日は、冷蔵庫を必ずチェックしておきましょう。

 

 

自分がよく食べる食材、料理しやすい食材を知る

野菜

自炊生活に慣れるまでは、食べやすい食材、料理しやすい食材を中心に選ぶのが吉

スーパーに行くと「特売」だの「旬」だの、つい買いたくなるような魅力的な宣伝が目に飛び込んでるもの。でも、その食材、本当にちゃんと食べますか。料理できますか。

自分で料理するとなると、好きな食べ物や使いやすい食材といった偏りが出てきます。バランスよく食べることは大切ですが、一人暮らしの自炊では慣れない食材を選ぶと、食べ切れず捨てざるをえないというのもよくあること。外食も含め、日ごろの食事でどんな食材をよく食べているのか、よく料理しているのか知っておくと、無駄を減らすことができます。さらに、捨てざるをえなくなることが多い食材も知っておくと、買うかどうかを判断する材料となります。

例えば、私の場合は大根は丸ごと買っても、サラダやみそ汁、スープなどにするため、食べ切れることが多いです。一方、ナスは好きな食材ながらも、なぜか少量でも食べ切れずに捨てることが多いので、絶対に使わざるをえない料理を作るとき以外買い置きはしないようにしています。

次のページでは、買ったものを無駄にしない買い物術お伝えします>>