秋田県の紅葉名所と温泉

紅葉の小安峡

紅葉する小安峡 (c) Michiaki Omori/a.collectionRF /amanaimages


岩手県の欄でも予告しましたが、秋田県を代表する紅葉名所は須川高原(例年見頃:10月上旬)です。須川高原も本当に標高が高いので、八幡平と同様に天候が問題です。標高が高いので、平地では晴れていても、雲の中という事が非常に良くあります。ですから、平地の天気予報は参考になりません。山岳天気予報を参考にして行く必要があります。

さて、須川高原の紅葉が終わって、紅葉が山を下って来ると、山麓一帯が紅葉します。秋田県の紅葉の本領発揮は、この時期と言えると思います。特に小安峡温泉(例年見頃:10月中~下旬)から泥湯温泉(例年見頃:10月中~下旬)を経由して、秋の宮温泉郷(例年見頃:10月中~下旬)へ至る一帯。この一帯は何処でも素晴らしい紅葉が見れますが、代表格として小安峡の紅葉写真を掲載します。深い渓谷の谷底に遊歩道があり、長い階段を降りて行くのですが、その道中ずっと、様々なアングルで渓谷の紅葉を楽しめるので、超お勧めです!

付近の温泉は既に一部名前が出てますが、須川高原温泉、大湯温泉、小安峡温泉、泥湯温泉、秋の宮温泉郷です。なお、小安峡温泉では栗駒フーズの工場直売所の牛乳ソフトも、絶品なのでお勧めです。

紅葉の角館

紅葉の角館武家屋敷街 (c) SHOHO IMAI/a.collectionRF /amanaimages


他に秋田県では乳頭温泉郷(例年見頃:10月中~下旬)角館(例年見頃:11月初旬)抱返り渓谷(例年見頃:10月下旬~11月上旬)などが紅葉名所として知られています。中でも写真のように角館は、渋い風情の武家屋敷と紅葉が実に良くマッチしており、写真で見るより何倍も感動してしまうので、断然お勧めです!

次ページで、宮城県の紅葉名所と温泉を紹介します!