宮城県の紅葉名所と温泉

紅葉の鳴子峡

秋の鳴子峡と列車 (c) Yoshiyuki Kaneko/a.collectionRF /amanaimages


宮城県の紅葉名所と言えば鳴子峡(例年見頃:10月下旬~11月上旬)です。東北を代表する紅葉名所でもあると思います。この世の物とは思えない美しさで、日本を代表する紅葉名所の一つだと確信する程です。

鳴子峡が良い理由は大きく二つあります。峡谷でありながら、開けているので、夏油温泉の欄で述べたような谷間特有の紅葉の難しさが無い点がひとつ。もう一つは、丁度順光で見れる地形の向きの良さです。見晴台と呼ばれる名所から眺めると、太陽を背にして眺めるので、本当に綺麗なのです。長野県の米子大瀑布のように、常時逆光になってしまう紅葉名所もある中で、これは本当に素晴らしい事で、その意味でも大自然の驚異を感じます。

見晴台周辺の温泉は、実は中山平温泉が最寄りです。鳴子温泉から見晴台までは、相当な距離があります。

他に宮城県では、作並温泉(例年見頃:10月下旬)秋保大滝(例年見頃:10月下旬)宮城蔵王(例年見頃:10月中~下旬)などが紅葉名所として知られています。宮城蔵王の写真は、山形県の欄に掲載します。

次ページで、山形県の紅葉名所と温泉を紹介します!