東北の紅葉名所と温泉

東北地方の紅葉名所と温泉を県別に解説します。当記事を参考に、絶景の紅葉狩りを楽しんで頂きたいと思います。

なお東北地方に車で行かれる方は、ETC割引の「2016東北観光フリーパス」が発売中ですので、お勧めです。

青森県の紅葉名所と温泉

紅葉の十和田湖

瞰湖台から望む紅葉と十和田湖 (c) HISAO OSONO/a.collectionRF /amanaimages


青森県を代表する紅葉の名所で、最も早く紅葉するのは八甲田山(例年見頃:10月上~中旬)です。八甲田山の紅葉は次第に付近一帯に広がって行き、最終的には青森県最大の観光名所、十和田湖周辺(例年見頃:10月中~下旬)奥入瀬渓流(例年見頃:10月下旬)に至ります。遠くから青森県に行く人にとっては、八甲田山の紅葉は、正直いっていつの間にか終わっている感じなので、八甲田山の紅葉のニュースを見てから、十和田湖周辺と奥入瀬渓流を目指すのが良いと思います。

十和田湖周辺と奥入瀬渓流の紅葉を楽しむポイントとしては、やや早め位が良いという事です。良く色付いてから行こうと思っていると、木枯らしが吹いた翌日には、たった一日でハゲ山になっているという事が多いのです。流石に東北地方北部なので、木枯らしの威力が強力なのです。ですから、まだ早いかなと思う位が良く、遅いと手遅れになってしまい取り返しが付きません。

秋の奥入瀬渓流

秋の奥入瀬渓流 (c) SHOHO IMAI/a.collectionRF /amanaimages


もうひとつのポイントとしては、特に奥入瀬のようにぶなに囲まれた紅葉は一面真っ赤という訳ではなく、上の写真の通り、オレンジ色、または黄金色の紅葉だという事を頭に入れておく必要があります。一面真っ赤な紅葉を期待して行っても、期待外れになってしまいます。むしろ、渓流の岩の苔の緑も含めて、様々な色のハーモニーを楽もうと考えて行くのが正解です。

付近の温泉といえば、奥入瀬渓流温泉です。特に、星野リゾート奥入瀬渓流ホテルは、紅葉まっただ中の宿として知られています。八甲田周辺の紅葉と星野リゾート奥入瀬渓流ホテルの詳細については、以下の記事を参照して下さい。
グルメ&紅葉真っ盛りの奥入瀬渓流ホテルへ

他に青森県の紅葉名所と言われる所は、蔦温泉の裏にある蔦沼(例年見頃:10月中旬)や、中野もみじ山(例年見頃:10月下旬)があります。

次ページで、岩手県の紅葉名所と温泉を紹介します!