岩手県の紅葉名所と温泉

紅葉の八幡平

紅葉の八幡平 (c) GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF /amanaimages


岩手県を代表する紅葉名所で、もっとも紅葉が早いのが須川高原(栗駒山)(例年見頃:10月上旬)です。秋田と宮城の三県にまたがるエリアなので、須川高原については秋田県の欄で紹介します。

須川高原と同様に、岩手県を代表する紅葉名所と言えば、八幡平(例年見頃:10月上旬)です。紅葉は山頂から始まり、次第に下って来ますが、丁度、御在所温泉がある付近の紅葉が特にお勧めです。高原のせいか、樹木が丸くまとまっていて、それぞれが紅葉するので、まるで毛糸のセーターの模様のように見えます。言葉で説明しても分からないと思いますので、写真を掲載しました。まさに、こんな感じの紅葉が、御在所温泉周辺の至る所で見れるのです。

八幡平での紅葉鑑賞のポイントは、唯一天候のみです。結構霧が発生し易く、折角行っても一面真っ白で、何も見えない事があります。天候にさえ恵まれれば、最高の紅葉を満喫出来ます。

また、松川温泉付近の紅葉も有名。厳密には松川温泉の手前の松川渓谷(例年見頃:10月中~下旬)が名所で、特に「森の大橋」から見下ろした松川渓谷が絶景ポイントです。付近の温泉は、既に名称が出た通り、御在所温泉と松川温泉。特に松川温泉は露天風呂自慢の宿が多く、紅葉はもちろん、雪見の露天風呂にも最適な温泉です。

松川温泉については、雪見風呂の観点で記事を書いてますので、参照願います。
松川温泉峡雲荘で雪見風呂

他に岩手県の紅葉名所と言われる所に、夏油温泉(例年見頃:10月中~下旬)があります。しかし、夏油温泉のように谷間になっている場所は、紅葉が進む速度が変動する場合が多く、まだら模様に色付く傾向があるので、紅葉だけを主目的に行く所では無いと思います。また、奥入瀬の欄でも書きましたが、夏油温泉の紅葉も、紅葉というよりは黄葉という感じだと思いますので、そのような認識で行く必要があると思います。

他に岩手県では厳美渓(例年見頃:10月下旬)猊鼻渓(例年見頃:10月下旬)があり、中でも猊鼻渓は川下り舟でしか行けない断崖絶壁に囲まれた絶景の中で紅葉が楽しめるので、特にお勧めの紅葉名所と言えます。

次ページで、秋田県の紅葉名所と温泉を紹介します!