日本からベルギーへのアクセス

ベルギーと周辺国を結ぶ高速特急タリス

ベルギーと周辺国を結ぶ高速特急タリス

2009年8月現在、残念ながら日本からベルギーへの直行便のフライトはありません。しかしベルギーは地理的にも「欧州の中心」にあり、ヨーロッパの主要な都市からのアクセスが大変良く、気軽に立ち寄ることができる国です。

ロンドン、パリ、ベルリン、ローマ、アムステルダムといった主要都市からブリュッセルまでは飛行機なら1~2時間で到着します。また近隣諸国に向けて、列車網も広く発達しています。ユーロスターに乗ればロンドンからは2時間50分、高速特急タリスに乗ればパリからは1時間25分、アムステルダムからは2時間40分と好アクセス。周遊旅行にもおすすめです。

ベルギーの言語

ベルギー人は旅行者に親切と評判 ©BITC-O.van de Kerchove

ベルギー人は旅行者に親切と評判 ©BITC-O.van de Kerchove

ベルギーにベルギー語はありません。国内の公用語は3つあり、「フランス語」「オランダ語(フラマン語)」「ドイツ語」です。ベルギーの北半分にあたるフランダース地域はオランダ語圏、南半分のワロン地域はフランス語圏。ドイツ語はドイツとの国境地帯でだけ使われていて、全体から見ると1%に過ぎません。首都のブリュッセルは、フランス語とオランダ語の併用地域。一般的に北部のオランダ語を母国語とする人々はフランス語もかなり話せるようですが、南部のフランス語を母国語とする人はオランダ語が苦手という傾向があります。

しかしこれらの言葉がわからなくても、あまり心配しないでください。主な都市では、たいてい英語が通じます。特に外国語が得意な北部の人々なら、小さな町であっても英語でのコミュニケーションは問題ないでしょう。もし南部ワロン地域の片田舎に行くことになったとしたら、「簡単な英語+ジェスチャー+笑顔」で奮闘を。陽気で外国人にも親切と評判のベルギー人は、旅行者のつたない英語にも辛抱強く耳を傾けてくれることが多いものです。

ベルギーの通貨、カード•両替事情

ベルギーでは当然ユーロを使う ©M.Vanhulst

ベルギーでは当然ユーロを使う ©M.Vanhulst

もちろん首都にEUの本部を置くベルギーではユーロ(Euro)が使われます。フランス語読みでもオランダ語読みでも発音は「ユーロ」です。

なお特に個人経営の小さな店では、支払い時に100ユーロ以上の高額紙幣を使うと先方のおつりの蓄えを減らしてしまうのでかなり嫌がられます。ユーロ紙幣を用意する時は、10ユーロや20ユーロ紙幣を多めにもらうようにしましょう。

クレジットカードはVISA、MASTERといった世界的に有名なものはたいていのホテル、レストラン、ショップで使用できるうえ、いざとなれば町角のキャッシュディスペンサーから現金も引き出せるので便利。

国際キャッシュカードが使えるキャッシュディスペンサーも多い

国際キャッシュカードが使えるキャッシュディスペンサーも多い

また近年では、国際キャッシュカードを利用する旅行者も増えてきました。国際キャッシュカードは、「Cirrus(シーラス)」または「Plus(プラス)」といった国際的なATM網と対応しており、世界中で現金が引き出せます。使用できるキャッシュディスペンサーの数も多く、町中ならすぐに見つかるでしょう。

両替ですが、銀行は月曜から金曜の朝9時から15時半まで(一部は土曜午前も営業)しか開いていませんので、営業時間に注意しましょう。空港、主要駅、ホテルでも両替は可能ですが、レートは概してよくありません。町中にも両替商はありますが、すぐにレートの良い場所を見つけるのは難しいことも。両替商を求めて気がつけば“流浪の民状態”となり、貴重な自由時間をすり減らしてしまう場合も多いもの。基本的にベルギーでは、銀行で両替をするのが交換レートも良くて安心と覚えておきましょう。