作成済みの「4:3」のスライドを「16:9」に変更する

「4:3」の比率で作成したスライドを「16:9」のワイドモニターを使ってスライドショーを実行すると、モニターの左右に黒い部分が表示されます。
スライドとモニターの比率が異なると、黒い部分が表示される。

スライドとモニターの比率が異なると、黒い部分が表示される。


このままでもスライドショーの操作そのもには影響はありませんが、黒い部分が表示されたままでは見た目が美しくありません。

「4:3」の比率で作成したスライドを「16:9」の比率に変更するには、PowerPoint2013の「デザイン」タブの「スライドのサイズ」ボタンから「ワイド画面(16:9)」をクリックします。
変更したいプレゼンテーションを開いた状態で操作する。

変更したいプレゼンテーションを開いた状態で操作する。


すると、以下のようなメッセージが表示されます。
スライドによっては、この画面が表示されずにワイド画面に変更される場合もある。

スライドによっては、この画面が表示されずにワイド画面に変更される場合もある。


左側の「最大化」をクリックすると、スライド内のグラフや写真や図形などのコンテンツをできるだけ大きく表示するように自動調整してくれます。右側の「サイズに合わせて調整」をクリックすると、変更後のスライドサイズに合うように縮小されます。それぞれの違いを、グラフを挿入した以下のスライドで比較してみましょう。
「4:3」の比率で作成した元のスライド。

「4:3」の比率で作成した元のスライド。


「最大化」を選ぶと、グラフができるだけ大きく表示される。

「最大化」を選ぶと、グラフができるだけ大きく表示される。


「サイズに合わせて調整」を選ぶと、ワイド画面に収まるサイズに自動調整される。

「サイズに合わせて調整」を選ぶと、ワイド画面に収まるサイズに自動調整される。

「最大化」を選ぶと、グラフや写真などのコンテンツが拡大されるため、スライドに適用しているテンプレート(テーマ)によっては後からサイズを調整し直さなければならない場合もあります。スライドサイズを変更しただけで安心するのではなく、変更後のスライドに不具合がないかどうかをしっかりチェックするといいでしょう。

特に、PowerPoint2010以前のバージョンでスライドサイズを変更すると、「最大化」や「サイズに合わせて調整」画面が表示されず、レイアウトが崩れるケースが多くあるので注意が必要です。

スライドサイズを変更すると、作成済みのすべてのスライドのサイズをまとめて変更できます。「16:9」に変更した状態でスライドショーを実行すると、ワイドモニターの左右に表示される黒い部分が消えて、モニタ―全体にスライドが大きく表示されます。
ワイド画面に変更したので、16:9の比率のモニターでスライドショーを実行しても左右に黒い部分は表示されなくなった。

ワイド画面に変更したので、16:9の比率のモニターでスライドショーを実行しても左右に黒い部分は表示されなくなった。


ただし、以前のバージョンでスライドに適用していたテンプレートによっては、「ワイド画面(16:9)」に変更した際に、スライドの背景が真っ白になってしまうことがあります。これは、以前のバージョンのテンプレートが「16:9」の比率に対応していないことが原因です。
旧いバージョン用のテンプレートを適用したスライドをワイド画面に変更すると・・・

旧いバージョン用のテンプレートを適用したスライドをワイド画面に変更すると・・・

 

スライドサイズは変更できるが、テンプレートが消えてしまった。

スライドサイズは変更できるが、テンプレートが消えてしまった。


こういった場合は、ワイド画面に対応したテンプレート(PowerPoint2010以降は「テーマ」)を適用し直すしかありません。