縦横の罫線で区切られた「表」は、情報を整理して見せるのに絶好のツールです。数値や文字の情報を表にまとめるのが一般的ですが、複数の画像とキャプション(説明文)を並べてみせたいときにも表を使うと効果的です。

スライドに「表」を挿入する

スライドに元になる表を挿入します。「タイトルとコンテンツ」のレイアウトのスライドが表示されているときは、中央の「表の挿入」アイコンをクリックします。
既存のスライドに表を追加するときは、「表の挿入」アイコンは見えません。「挿入」タブの「表」ボタンをクリックします。
PowerPoint2003では、「挿入」メニューから「表」をクリックする。

PowerPoint2003では、「挿入」メニューから「表」をクリックする。

「表の挿入」ダイアログボックスが表示されたら、「列数」と「行数」を指定して「OK」ボタンをクリックします。
ここでは、3列4行の表を作成する。

ここでは、3列4行の表を作成する。

指定したサイズの表が挿入されました。表の挿入直後は、スライドに適用しているテーマに合わせて自動的に色が付きますが、「表ツール」-「デザイン」タブの「表のスタイル」から色合いをいつでも変更できます。
PowerPoint2003には、「表のスタイル」機能はない。「罫線」ツールバーを使って、罫線の色や塗りつぶしの色を個別に変更する。

PowerPoint2003には、「表のスタイル」機能はない。「罫線」ツールバーを使って、罫線の色や塗りつぶしの色を個別に変更する。

セルをクリックして、見出しや説明文などの文字を入力します。
セル内で改行するには「Enter」キーを押す。「Tab」キーを押すと、右隣のセルにカーソルを移動できる。

セル内で改行するには「Enter」キーを押す。「Tab」キーを押すと、右隣のセルにカーソルを移動できる。