パワーポイントでチラシ作成!

パワーポイントでのチラシの作り方

パワーポイントでのチラシの作り方

PowerPointはプレゼンテーション用のスライドを作成するだけでなく、ポスターやチラシ作成も得意科目です。「写真と文字だけで作るシンプルなパワポのポスター」「図形を組み合わせて作るパワポのポスター」の記事で解説しているように、PowerPointのスライドを白紙の画用紙に見立てれば、写真や文字や図形を自在に配置できるからです。

そうは言っても、いちからデザインを考えるのは難しいという方もおられるでしょう。そのようなときは、マイクロソフトが無料で提供している「テンプレート」を利用すると便利です。テンプレートとはスライドのひな形のこと。あらかじめ図形や文字などがデザインされたテンプレートをダウンロードして、目的に合わせて文字などを入れ替えることができるものです。
 

今回作成するチラシの完成図。写真と文字を入れ替えて、テンプレートをオリジナルのチラシにカスタマイズする。

ここではチラシ用のテンプレートをダウンロードして、「カメラ教室生徒募集」のチラシを作成してみましょう。
 

キーワードでテンプレートを検索する

PowerPointのテンプレートを利用するには、パソコンがインターネットに接続されている状態で、「ファイル」タブから「新規」をクリックします。
 

PowerPoint起動時に表示されるスタート画面の検索ボックスにキーワードを入力してもよい。

 
 

「新規」画面では、新しくスライドを作成する方法を選択できる。


画面上部の検索ボックスに「チラシ」と入力して「検索の開始」ボタンをクリックします。
 

「結婚式」「イベント」「ビジネス」など、思いついたキーワード入力しよう。


すると、マイクロソフトのWebサイトにあるテンプレートから「チラシ」のキーワードに一致したテンプレートが検索されて表示されます。
 

テンプレートの種類は随時更新されているので、同じテンプレートが表示されない場合もある。


この中から利用したいテンプレートをクリックします。
 

ここでは、「サークル部員募集チラシ」を選ぶ。


テンプレートの拡大イメージが表示されたら「作成」ボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。
 

「作成」ボタンをクリックする前に右上の「閉じる」ボタンをクリックすると、テンプレートの一覧画面に戻る。イメージに合うテンプレートを探そう。


しばらくすると、PowerPointに「サークル部員募集チラシ」テンプレートが表示されます。
チラシ全体が見えていない場合は、「表示」タブの「ウィンドウサイズに合わせる」をクリックする。

チラシ全体が見えていない場合は、「表示」タブの「ウィンドウに合わせる」をクリックする。


テンプレートをそのまま利用してもかまいませんが、テンプレートは部分的に変更して使えるのが最大の魅力です。写真や文字を入れ替えてオリジナルのチラシに改良してみましょう。
 

写真を入れ替える

まず、チラシ上にある2つの写真を入れ替えます。上側の写真をクリックし、「図の形式」タブ(PowerPointによっては「図ツール」-「書式」タブ)の「図の変更」ボタンから「ファイルから」をクリックします。
 
 

写真はそのまま利用してもかまわない。写真が不要の場合は、写真をクリックしてから「Delete」キーを押すと削除できる。


「図の挿入」画面が表示されたら、チラシに利用したい写真を選択して「挿入」ボタンをクリックします。
 

もともとテンプレートに入っていた横置きの写真に合わせて、ここでは横置きのカメラの写真を使う。


これで写真を入れ替えることができました。
写真の位置やサイズはそのままで、写真だけを丸ごと入れ替えられた。

写真の位置やサイズはそのままで、写真だけを丸ごと入れ替えられた。


同様の操作で、下側の写真も入れて替えておきましょう。
 

下側の写真は、もともとの縦置きの写真に合わせて、縦置きの写真に入れ替えた。

   

文字を入れ替える

次に文字を変更します。チラシに入力されている文字は「テキストボックス」という図形の中に表示されているので簡単に変更できます。たとえば左側の「部員募集!」のタイトルを変更するには、タイトルの文字をクリックしてテキストボックスを表示します。
 

「部員募集!」のいずれかをクリックすると、テキストボックスの枠とカーソルが表示される。

カーソルが表示されたら、自由に文字を変更できます。
 

ここでは、「部員」を「生徒」に置き換えた。


同様の操作で、他の文字も変更しておきます。
 

文字が小さくて見づらいときは、画面右下のズームスライダーを使って表示倍率を拡大すると操作しやすい。


不要な文字があったら、テキストボックスの外枠をクリックしてテキストボックス全体を選択して「Delete」キーを押すと削除できます。
 

スライドの背景に色を付ける

チラシ作成の仕上げに背景に色を付けます。スライドの背景の色を変更するには、「デザイン」タブの「背景の書式設定」ボタンをクリックします。
 

背景職だけでなく、スライドの左端の縦長の図形の色も変更できる。それには図形をクリックしてから「図形の書式」タブの「図形の塗りつぶし」ボタンを使う。


右側に「背景の書式設定」パネルが表示されたら、「塗りつぶし(単色)」が選択されていることを確認し、「色」の▼をクリックして表示される色の一覧から背景に利用する色を選びます。
 

ここでは、左側の紫の図形に合わせて、薄い紫色を選んだ。


スライドの白の背景が紫色に変わり、最初にダウンロードしたチラシの印象とはかなり違うオリジナルのチラシが完成しました。
 

チラシの背景の色を変更できた。


デザインそのものを変更しなくても、文字や色や写真を変更するだけで、オリジナリティを出すことができます。
 

チラシは用紙サイズに合わせて印刷!

完成したチラシを印刷するときは、用紙のサイズに合わせて印刷されるような設定が必要です。PowerPointのスライドは、もともとパソコン画面やプロジェクターに映し出すことを想定した縦横比が設定されているため、このまま印刷すると余白が広くなってしまうのです。

これを防ぐには、「ファイル」タブの「印刷」をクリックし、右側の「フルページサイズのスライド」をクリックして表示されるメニューから「用紙に合わせて拡大/縮小」をクリックしてチェックを付けておく必要があります。
 

フチなし印刷を行う場合は、「プリンターのプロパティ」をクリックして開く専用画面で設定する。


「サークル部員募集チラシ」のテンプレートは写真入りでしたが、イラスト入りのものや文字だけのシンプルなものもあります。
 
「ゴミの分別チラシ」のテンプレート。図形やイラストが使われている。

「ゴミの分別チラシ」のテンプレート。図形やイラストが使われている。

 
「学生向けチラシ」のテンプレート。文字だけで構成されている。

「学生向けチラシ」のテンプレート。文字だけで構成されている。

 
 

「防災訓練ポスター」のテンプレート。背景に写真が敷かれ、文字がワードアートで装飾されている。


どのテンプレートを使っても、文字やイラストを自分流にカスタマイズできるので、自分のイメージに近いテンプレートをダウンロードするといいでしょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。