セルに画像を挿入する

セル内に画像を入れるときは注意が必要です。セルをクリックして、「挿入」タブの「図」ボタンから保存済みの画像を挿入すると、セルの大きさとは無関係にスライドそのものに画像を挿入することになります。そのため、画像のサイズを変更してからセル内に移動するという手間が発生します。
通常の操作で画像を挿入すると、表とは関係なくスライドに画像が挿入される。元の画像のサイズによっては大きく表示されることもある。

通常の操作で画像を挿入すると、表とは関係なくスライドに画像が挿入される。元の画像のサイズによっては大きく表示されることもある。

セル内に画像がきっちり収まるようにするには、セルをクリックし、「表ツール」-「デザイン」タブの「塗りつぶし」ボタン右側の▼をクリックします。表示されたメニューの「図」をクリックします。
PowerPoint2003では、「罫線」ツールバーの「塗りつぶしの色」ボタンから「塗りつぶし効果」を選ぶ。「塗りつぶし効果」ダイアログボックスが表示されたら「図」タブの「図の選択」ボタンをクリックする。

PowerPoint2003では、「罫線」ツールバーの「塗りつぶしの色」ボタンから「塗りつぶし効果」を選ぶ。「塗りつぶし効果」ダイアログボックスが表示されたら「図」タブの「図の選択」ボタンをクリックする。

「図の挿入」ダイアログボックスが表示されたら、保存済みの画像を選択して「挿入」ボタンをクリックします。
ここでは、クリップアートの写真を利用している。デジカメで撮影した写真を使うときは事前にパソコンに保存しておく。

ここでは、クリップアートの写真を利用している。デジカメで撮影した写真を使うときは事前にパソコンに保存しておく。

すると、セルの横幅にぴったり合うサイズでセルの中に画像が挿入されました。最初は行の高さが狭いために画像が縦に縮小されて表示されていますが、後から行の高さを調整するのでこのままにしておきます。
画像のサイズは、セルの横幅に対して自動的に調整される

画像のサイズは、セルの横幅に対して自動的に調整される。

同様の操作で、残り2つの画像もセルの中に挿入します。
3つのセルに3枚の画像を挿入できた。

3つのセルに3枚の画像を挿入できた。