作成済みの「16:9」のスライドを「4:3」に変更する

反対のケースも見てみましょう。「16:9」の比率で作成したスライドを「4:3」の比率のモニターを使ってスライドショーを実行すると、モニターの上下に黒い部分が表示されます。
スライドとモニターの比率が異なると、黒い部分が表示される。

スライドとモニターの比率が異なると、黒い部分が表示される。

これも、スライドサイズとモニターの比率が合っていないことが原因です。「4:3」の比率のスライドを「16:9」の比率のスライドサイズに変更した時と同じ操作で、PowerPoint2013の「デザイン」タブの「スライドのサイズ」ボタンから「標準(4:3)」をクリックします。
スライドサイズは後から自在に変更できる。

スライドサイズは後から自在に変更できる。


以下のメッセージが表示されたら、「最大化」もしくは「サイズに合わせて調整」をクリックします。
ここでは、「サイズに合わせて調整」を選ぶ。

ここでは、「サイズに合わせて調整」を選ぶ。


これで、すべてのスライドサイズを変更できました。
この状態でスライドショーを実行すれば、モニター全体にスライドが表示されます。
標準サイズに変更したので、4:3の比率のモニターでスライドショーを実行しても上下に黒い部分は表示されなくなった。

標準サイズに変更したので、4:3の比率のモニターでスライドショーを実行しても上下に黒い部分は表示されなくなった。

プレゼンテーション本番で困らないように、どのモニターでスライドショーを実行するかを事前にしっかり確認し、必要に応じてスライドサイズを変更しておきましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。