欲しがるだけ与え続ける卒乳方法

うちの子は2歳5か月くらいで卒乳しました。

周りが1歳代でおっぱいをやめていき、1歳6か月健診時にも保育士さんに止めることを勧められ、
まだまだ欲しがるだけ与え続ける卒乳派は少数なのかなと思いました。しかし仕事をしている
わけでもなし、無理やり断乳する必要性もなかったのでじっくり卒乳を待ちました。

ただ夜の寝かしつけをいつまでもおっぱいに頼るのはいけないと思ったので、
本人には「2歳になったらもうお姉さんだし、おっぱいなしで寝ようね」と言い続けて、
夜のおっぱいは2歳前に卒業できました。

2歳以降も、朝起きてすぐとお昼寝前、ちょっと機嫌が悪くなったときなどにおっぱいを欲しがって
くるので、1日2、3回はあげていました。本人も徐々に「おっぱいちょうだい」と言うのはためらわれるのか、私の胸のあたりをポンポン叩きながら「これなーに?」ととぼけながら要求してくるのが微笑ましかったですね。
私もちょっと意地悪をして「お姉さんになったけど、まだおっぱいする?」という感じに受け答え
していたので、本人も「そろそろ止めないとだめなんだな」と思ってくれていたようです。

そのうちに気が付けば「今日一度もおっぱいいわなかったな?」という日が増えてきて、
いつのまにか卒乳してました。ちょっと想像していたより長くかかりましたが、
お互い気持ちよくおっぱいバイバイできて良かったと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。