タイプ別小顔になる食事と食事方法

できることなら、楽して小顔になりたいですよね。毎日の生活の中で、欠かせない食事。私たちの食生活の意識を少し変えるだけで小顔効果をサポートする方法があります。

小顔になる食事 むくみタイプ編

塩分控えめで薄味の食事を心がけることは、むくみを起こさない大切なポイントになります。お酒を飲みながら味の濃いおつまみなどを食べる方も多いと思いますが、塩分を多く摂取することで、体内に水を多く取り込もうとする環境ができてしまいます。その結果、体重の増加や顔のむくみなどにつながり、小顔から遠ざかってしまいます。特に夏場は、暑くて汗もかくので、適度な塩分と水分は必要ですが、過剰摂取をしないように気をつけましょう。

また、むくみ解消には、利尿作用がある食べ物も適度に取り入れることが大切です。コーヒーや紅茶も良いですし、毎日食べるものでは、大豆食品やとうもろこし、スイカなどもオススメです。運動後は、クエン酸入りのドリンクを飲むといいでしょう。クエン酸は疲労物質の生成を抑える働きがあり、利尿作用もあります。1日必要な水の量は成人で1.5リットル~2リットル。適度に補給しながら、過剰摂取には気をつけましょう。

小顔になる食事 筋肉の衰えタイプ編


 
するめundefined

硬い物を食べることも大切!


 

 
硬いものをよく噛んで食べる(顎と頬の筋肉を鍛える)。この方法は皆様もご存知かと思いますが、硬いものをよく噛むことで、顎と頬の筋肉が鍛えられます。そのため、表情が引き締まり垂れ下がり防止などが見込めます。現代の食生活は柔らかい食べやすいものが大変多いです。そのため、以前よりも顎の形や、顔の形が変わってきたという研究結果も出てきております。生野菜や玄米、スルメ、グミなど固い食べ物を口にすることもオススメいたします。

小顔になる食事 肥満タイプ編


 
昼食

カロリーを気にして食事を摂る

肥満が原因の場合は、脂肪の減量が必要になってきます。基本的には、摂取カロリー以上の運動を行うことですが、効率良く減量するために、毎日の食事の中で、発汗作用が見込めるしょうがや唐辛子などを少量摂取して行くことも大切です。また、冷たい飲み物よりも常温または、暖かめの飲み物を口にし、代謝を上げた状態で食事をとることもオススメです。最近では、体内の体温調整を活発にする動きを利用して、冷たいシャワーなどで体を冷やし、発熱を起こして代謝を上げる方法もありますが、体内に取り入れるものは、温かいものが体に負担をかけないのでオススメです。

小顔になる食事 筋肉が過剰に発達しているタイプ編

寝ている時に、歯ぎしりなどをする方は、顔の筋肉が過剰に発達していることがあります。歯ぎしりで頻繁に顔の筋肉を動かしているため、筋肉の発達が進む現象が起きます。その為、顔全体が大きくなり、左右のバランスが崩れることがあります。歯ぎしりの一つの原因に緊張状態があります。そう言った方には、乳製品やバナナ、レバー、肉などがオススメです。特に肉を食べることで脳内のセロトニンが分泌され、緊張をほぐしてくれる役割がある成分なので、夕食に適度に肉を摂取しながた、食事でうまくストレスをコントロールしていきましょう。

小顔になる食事 骨格の歪みタイプ編

食事の際に、片側だけで噛む癖がある方は、顔の歪みが起こりやすくなり、顔のバランスが悪くなります。噛みぐせは様々な原因があります。虫歯の傷み、歯の並び、昔からのクセなど。左右の奥歯でバランスよく噛むことがとても大切です。片側だけで噛むことで、骨格の歪みだけではなく、顔の筋肉のつき方にもバラつきが出てくるので、将来、片側だけ頬の垂れ下がりが起き、老け顔になっていくことがありますので、左右バランスよく噛むことを意識してください。硬いものを食べることも良いです。スルメやガム、グミなど食間に食べるものも気をつけてみるとより効果的です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。