バッテリーを長持ちさせるコツ

バッテリーを長持ちさせるには、車を車庫や駐車場に置いている時にこまめにエンジンをかけるようにします。1日に1回はエンジンをかけるようにして、30分ほどはかけたままにします。

長期的にエンジンをかけないと、バッテリーの消耗が早くなってしまいます。いくら新品で取り付けてから短期間でも、いざエンジンをかけようとするとかからないという事が起こるようになります。

エンジンやエンジン周りなどのメンテナンスをしっかりとしていないと、バッテリーの消耗が早くなります。車の走行距離が6万キロを超えたあたりから、不具合が度々出るようになります。しっかりとエンジンオイルを確認し、古ければ新しく入れ替える事がポイントです。

エンジンルーム内の汚れなども、バッテリーの消耗を早める要因です。車検の時や、カー用品を売るお店で取り除いてもらうようにします。

上り坂がきつい山道を何度も通る事で、バッテリーへの負担が多くなります。なるべく上り坂がきつくない道を選ぶようにして、夜間にそういった道を走らないようにする事がポイントです。

ワイパーを激しく、長く使えばそれだけ負担がかかります。雨の日を避けるか、停止時はワイパーを止めたり弱にします。MDデッキなども負担をかけてしまうので、あまり長く聞かないようにします。聞く時には、音を極力低くして聞くようにします。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。