海賊パーティーにピッタリなドクロマークのピニャータ

海賊ピニャータ完成

 

キッズパーティーの定番にもなりつつあるアクティビティ、ピニャータ (piñata) は、メキシコで子供のお誕生会やお祭りに登場する、くす玉のような、スイカ割りのような遊びです。紙製の玉の中にはお菓子や小さなおもちゃが詰まっており、子ども達が順番に棒で叩き割り、中から落ちてくるお菓子をみんなで競って拾うのです。今回は海賊パーティーにピッタリなドクロマークのピニャータを作ります。海賊の宝箱のようなピニャータです。ぜひたくさんの宝物を手に入れてくださいね。

 

馬ピニャータ

メキシコのユニコーンのピニャータ

ピニャータはネットショップ等で購入が可能ですが、市販の物はなかなか高価です。しかし単純な丸い形のピニャータなら風船を使って簡単に作る事ができます。今回は基本の丸いピニャータに骸骨マークと骨の形の紙を貼り、海賊旗をイメージしました。このように丸いだけのピニャータでも少し飾りを付ければ、テーマに合ったピニャータにアレンジすることができますよ。

 

ドクロマークピニャータの作り方

材料:新聞 2枚、ゴム風船(22~23cm) 1個、お花紙(赤) 1袋、ドクロマーク、コピー用紙、小麦粉、水、お菓子

新聞を貼る

新聞は縦に裂いてください

1. 新聞紙を縦に細く裂きます。小麦粉は同量の水(1対1)で溶きます。水溶き小麦粉をのりにして、風船に新聞を貼ります。1周目は隙間が空いても構いませんが、2周目は隙間を埋めるように貼っていってください。

 
全体に新聞を貼る

新聞は結び目まで貼らないでください

2. 新聞は風船の結び目辺りには貼らないでください。新聞を二重以上重ねると丈夫になり過ぎてしまい、ピニャータが割れなくなりますので注意してください。風船全体に新聞が貼られ、隙間がなくなればOKです。

 
乾かします

風通しの良い場所で乾かします

3. 新聞を貼った風船を乾かします。夏なら半日、冬なら丸2日、風通しの良い場所に吊るしてください。表面を触ると固く感じるぐらいまでよく乾かします。

 
花紙を貼る

全体に花紙を貼ります。

4. 新聞が乾いたら、その上から赤いお花紙を2~3重に貼っていきます。一番上に貼る紙は、水溶き小麦粉ではなく水のりを使った方が綺麗に仕上がります。そしてもう一度風通しの良い所に吊るして乾かします。

 
骨型に切った紙

骨型に切った紙を4カ所に貼ります

5. 紙が乾いたら、ピニャータの中心にドクロマークのイラストを1枚と、4カ所に骨型に切った紙を貼ります。

 
風船を割る

中の風船を割って空洞を作ります

7. ピニャータの中の風船を割ります。完全に乾いていないと、風船に新聞が引っ張られ、一緒に萎んでしまうので注意してください。

 
お菓子を詰める

中にお菓子を詰めます。

6. 空洞にお菓子を詰めます。お菓子はキャンディやラムネなど割れにくい物が良いです。

 
蓋をする

お花紙で蓋をします

7. ピニャータの口に2カ所穴を開け、紐を通し、お花紙を貼って穴をふさぎます。

 
完成

完成です

8. ピニャータは天井から吊るすか、長い棒の先に吊り下げ大人が手で持ちます。子どもがバットや棒を振り回すので、持ち手に当たらないように気を付けて持ってください。



 

海賊のお宝が詰まったピニャータを割って、宝物をGETしよう!

ピニャータを割る

 

 ピニャータの中には海賊の宝物(お菓子)がいっぱい詰まっています。年齢の低い子供から順番に棒で叩いてピニャータを割りましょう。ピニャータは割れると中のお菓子がバラバラと落ちてきます。宝箱を見つけたような気分で、お菓子の争奪戦を楽しんでくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。