実技試験・造形表現に関する技術は、どのような作品を求められているのでしょう? 筆者の主催する言語セミナーの参加者で、造形を受験した下村さん(仮名)に、作品を提供していただきました。

2011年に48点(50点満点中)という高得点で合格した作品を、画像つきで紹介します!

参考作品

早速、高得点で合格した作品をご覧ください(試験での作品を再現したものです)。
2011test

『3匹のこぶた』の劇を練習している場面を描いた作品


問題文

この年の問題文を振り返ってみましょう(2011年の試験当日に発表された問題文です)。

<問題>
保育所(園)での子どもたちと保育士との活動の一場面を、次の4つの条件をすべて満たして、解答用紙の枠内に表現しなさい。

<条件>
  1. 室内において、「劇発表」の準備や練習でのやりとりの一場面を表現すること。
  2. お面や衣装を描くこと。
  3. 子ども3名以上、保育士1名以上を表現すること。
  4. 色鉛筆で色をつけること。

分析

写実的に描くことは求められないようですが、マンガやイラストのような、癖の強すぎる絵は、避けた方がよいと言えそうです。また『造形表現に関する技術』という分野名のとおり、何について描かれた絵なのか、言葉で説明しなくても、絵で表現することができているということも、評価のポイントでしょう。

また、この作品は「劇発表の練習や準備でのやりとりの一場面」という出題に対する解答で、
  • 3人のこどもが、ブタのお面をしている
  • 家のセットがある
  • 緞帳(どんちょう)がある
  • セットの後ろから、保育士が様子を見ている
これらのことから、
  • 劇は『3匹のこぶた
  • 場所は舞台の上
  • 本番ではなく練習をしている
ということが、伝わってきます。このように、実在する物語を具体的に設定して描くと、作品を見る人にも、何を描いたものなのかが、はっきりと伝わると思います。

対策

『保育の一場面を描く』という出題が続いていますので、保育園の日常をよく知っていることが求められます。たとえば、年間を通しての行事や、保育室・園庭での、日々の自由遊びなども、知っておく必要があるでしょう。

このほか、
  • 物の大きさ・配置が適切なバランスで描かれている。
  • 人物(大人と子ども)の顔や身体の各部位の形や、大きさのバランス、関節の動きなどが正しく描かれている。
  • 全体に明るく、バランスの良い配色で描かれている。
  • 色が薄すぎず、きちんと塗られている。
このようなポイントで自己評価しながら、繰り返し練習しましょう。

つぎに、この作品を提供してくださった、下村さんへのインタビューを紹介します。