バンクーバーの町のそばなのに、自然がいっぱい!
スタンレー公園

見どころのひとつトーテムポール前広場undefined(C)Tourism Vancouver

見どころのひとつトーテムポール前広場 (C)Tourism Vancouver

写真中央の高層ビルが立ち並ぶのがダウンタウン。そのすぐ上にある緑に包まれた半島がスタンレー公園 (C) Tourism BC

写真中央の高層ビルが立ち並ぶのがダウンタウン。そのすぐ上にある緑に包まれた半島がスタンレー公園 (C) Tourism BC

バンクーバーのダウンタウンの西側にあり、海にせり出した半島に位置する公園。北米でも大きな都市公園のひとつとして知られており、その面積は約400ヘクタール。皇居と外苑などの周辺の公園を足しても230ヘクタールですから、その大きさのほどがおわかりいただけるのでは?

ダウンタウンと目と鼻の先にあるにも関わらず、公園の大半は木々がうっそうと茂る原生林で、この色濃く残る自然がスタンレー公園のウリ。その自然を楽しむためのトレイルもたくさんありますが、その数が多過ぎて迷ってしまうかもしれないので、不慣れな旅行者は入らないほうが無難かも!?というレベルです。

 

旅行者が楽しむなら、シーウォールで

シーウォールは平坦なので、自転車やローラーブレードでもラクラク (C) Tourism BC

シーウォールは平坦なので、自転車やローラーブレードでもラクラク (C) Tourism BC

旅行者におススメなのは、公園の外側である海岸線に沿って走るシーウォールと呼ばれる1週12kmの遊歩道。この道路は歩行者・自転車専用で、バンクーバーっ子もサイクリングやジョギングの定番コースとして人気の高いスポットです。この公園の見どころもシーウォール沿いに集中しており、徒歩や自転車で気持ちの良い海風を浴びながら回るのが最高! 公園入り口近くにいくつかのレンタルショップがあり、レンタルも簡単。自転車で1時間6カナダドル程度で借りられます。

公園内の見どころ

シーウォールから見上げるライオンズゲートブリッジ(C) TourismBC / Dannielle Hayes

シーウォールから見上げるライオンズゲートブリッジ(C) TourismBC / Dannielle Hayes

シーウォールに沿って見られるポイントをいくつかご紹介します。

■バンクーバー水族館
公園の入り口近くにある北米西海岸最大級を誇るもの。詳しくはバンクーバー水族館の記事で。

■トーテムポール広場
文頭にあるトーテムポールが並んだ場所。トーテムポールは北米西海岸沿いに定住する先住民が作ったもので、バンクーバーはまさに本場と言えます。この広場からは、入り江を挟んで、バンクーバーのダウンタウンが一望でき、記念撮影にも最適のポイント。

■ナインオクロックガン
9時の号砲と呼ばれ、毎晩21時に轟音を響かせます。

■ライオンズゲートブリッジ
バンクーバーとノースバンクーバーを結ぶ吊り橋で、夜はイルミネーションが点されます。公園内の大半の場所から見えますが、橋の真下まで行くには、10kmの遊歩道の半分以上を行かなくてはいけないので、体力とスケジュールに気をつけて。

徒歩、自転車以外で回りたい人は

観光ポイントを回る周遊バスや、公園内を走るパークシャトルを利用すると効率よくポイントを回ることができます。詳しくは「バンクーバーの市内交通・空港からのアクセス」の記事にて。

<DATA>
Stanley Park
アクセス:ダウンタウンから徒歩約30分。市バス19系統にて約10分。ただし、市バスは公園の入り口まで
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。