選手名

杉原輝雄(1937~2011)

杉原輝雄は生涯現役を公言し、ツアー参戦を継続した

杉原輝雄は生涯現役を公言し、ツアー参戦を継続した


50年にわたり現役にこだわり続けたゴルフ界のドン

1997年に前立腺ガンが発見されましたが、ゴルフを続けられなくなるとのことで手術を拒否。2008年にはガンが転移していることが判明しましたが、生涯現役を公言し、ツアー参戦を継続しました。

ゴルフの現場から絶対消えないプロゴルファーを実践されていました。

たまにTVで観戦させていただきましたが、病気を抱えているとは思えないプレーにビックリしました。本当に? 患っていらっしゃるのかしら? と何度か思いました。

そんな彼の姿を見て励まされた方は多いと思います。そして、彼はそんな姿を見せ、我々に温かいメッセージを送っていたのかもしれません。こんな素晴らしいゴルフプレーヤーが日本にいたことを誇りに思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。