大人も子どもも夢を見られるサンタクロース村へようこそ!

サンタ村

サンタクロース村のメイン広場。正面奥のとんがり屋根の建物のなかで、サンタクロースが訪問者を待っている

ラップランドの玄関口にあたる街、ロヴァニエミの郊外(中心街から約8km、ロヴァニエミ空港から約2km地点)にある人気テーマパーク、サンタクロース村(Joulupukin pajakylä)。すぐ近くにはまた別の施設「サンタパーク」もあり、まさにこの一帯は、大人も子どもも一年中本場のクリスマスムードを味わえるエリアとして、日々世界中の観光客が集まってきます。

北極線

地面に示された北極線は、ぜひまたいで撮影を!

サンタクロース村のひとつの特徴は、北極圏突入を示すボーダーライン、北緯66度33分線の通称「北極線」が村内の中心を貫いていること。この北極線以北にのみ、夏に1日でもまったく太陽の沈まない夜「白夜」が訪れることになるのです。サンタクロース村を訪れたら、まずはこのボーダーラインをまたいで記念撮影するのが定番!サンタクロース=北国出身のイメージを、リアルに実感してみてください。

 

<DATA>
Joulupukin pajakulä(ヨウルプキン・パヤキュラ/サンタクロース村)
住所:Joulumaantie 1, 96930 Rovaniemi
Tel:+358 16 356 2096
アクセス:ロヴァニエミ市内から市バス8番で約35分、タクシーで約20分
開館時間(郵便局も共通、各レストランやショップは要確認):10:00~17:00
(6~8月は9:00~18:00、12月~1月中旬は9:00~19:00)
定休日:なし
入場料:無料

 

さあ、まずはサンタクロースの待つメイン小屋へ!

サンタ

一年中、本物のサンタクロースが訪問者たちを優しく迎え入れてくれる特別部屋。サンタさんはさすがに言語も堪能で、何ヶ国語も自在に操る。もちろん、日本語もお上手…!?

サンタクロース村を訪れたからにはまずぜひ立ち寄りたいのが、フィンランド語ではヨウルプッキ(Joulupukki)と呼ばれる通称サンタクロースが待つ、メインの建物内にある特別部屋。ここでは誰でも無料で、一人あたり数分ずつ、サンタさんとの面会時間をもらえます。

入口

サンタの待つ特別部屋へと続く入口

ややミステリアスな雰囲気を醸しだした扉をくぐると、夢の世界に迷い込んだかのような、暗がりの不思議な道が続いています。そしてその先にたどり着く特別部屋で訪問客を温かく迎え入れてくれる人物こそが、我らがサンタクロース!白いお髭はイメージそのものだけれど、服装はちょっと独特……?けれどこれが、フィンランドの本来のサンタクロースの姿なのです。

世界の子どもたちの味方であるサンタさんは、さすが何ヶ国語も話せてしまう言葉の達人。恐れず、日本語で喋りかけてみてください。きっと楽しいお喋りが始まるでしょう。サンタさんとのセルフ撮影は禁止されていますが、スタッフによる記念撮影写真は出口で購入可能です。

次ページでは、まだまだあるサンタクロース村のユニーク施設を紹介!