エイジングケア美容液で肌の老化にブレーキを

エイジングケア

将来の肌のことを考えて、老化を進ませないケアを

紫外線は単に肌を小麦色へと導くだけでなく、肌の深い部分にまで入り込んで、シワやたるみを招くなど、肌の老化を加速させてしまいます。しかも、それは日焼けしてすぐに感じなくても、5年後、10年後の肌に現れる可能性も。「今のところシワはないし……」とか「年齢的にエイジングケアはまだ早そう」と言わずに、多少でも日焼けした今、エイジングケア美容液に頼るべきです。

選びかたがわからない人は、シミ、シワなどあるひとつの悩みに特化せず、あらゆる老化サインにアプローチできる美容液をまず1本使ってみるのがおすすめ。テクスチャーも軽やかなものからこっくりとしたものまで揃うので、毎日心地よく使えるお気に入りのものが見つかることでしょう。

ビタミンB群を積極的に摂る

紫外線を浴びた肌はターンオーバーが乱れてしまこともしばしば。そこで、肌の外側からのケアに加え、肌の内側からのアプローチもぜひ実践して。その代表的な方法は、ビタミンB群をたっぷり摂ること。肌の代謝をサポートしたり、肌の健やかさを保ってくれます。

豚肉、レバー、大豆類、魚などに多く含まれていて本来は食事で摂ることが理想。しかし、加熱することで成分が失われる食材も多いため、日焼け前後だけでもサプリメントを利用してみましょう。日焼けしていても、ゴワつきやどんよりした濁りを感じさせない、美しい小麦色を楽しむ秘訣です。


紫外線は肌に悪影響なうえ、ともすれば、日焼けした肌は品のない印象になりがち。でも、それらを少しでも食い止めて小麦色の肌を楽しむには、以上4つのポイントを念頭に置いておいてケアすることが大切です。ぜひ、上手にケアしながら太陽と仲良くつきあって、美しい日焼け肌を楽しみましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。