公演の時、どのくらい前に楽屋入りするの?

だいたい、開演の1時間半前から2時間前ぐらいでしょう。
化粧をするだけではなく、衣装を着たり、早替わりの準備をしたり、ウォーミングアップや発声練習などもします。


公演中、もし病気になったり怪我をしたら?

どうしても舞台に立てない体調の場合は休演します。
そのため、すべての配役に代役が決められています。
なので、代役を立てて上演します。

■ 関連記事
代役をするまで 代役って大変だぁ~!Part1
いざ代役 代役って大変だぁ~!Part2


タカラジェンヌはどこに住んでいるの?

常の稽古が宝塚歌劇団内で行うため、その近辺、または通える範囲に住んでいます。
実家、マンションなどで一人暮らし、宝塚歌劇団の寮など様々です。


タカラジェンヌに制服はあるの?

『霧矢大夢退団記念DVDundefined「My Treasure-思い出の舞台集&サヨナラショー-」』

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

行事やイベントに参加する時の正装として、また入団や退団する際に着用するのが、緑の袴です。
袴の上に着る着物は、黒紋付であったり柄物であったりと、その行事などに合わせます。

宝塚歌劇団創立まもない頃より話題となっているこの緑の袴は、1930年に上演された『パリゼット』の歌詞にも登場しており、普通より少し短めにはくのがタカラジェンヌ風です。

宝塚音楽学校生には制服がありますが、行事などでこの緑の袴を着用する時もあります。

■関連記事
タカラジェンヌと『緑の袴』


タカラジェンヌの私服は?

もちろん自由ですが、どこで誰に見られているかわからないため、それなりに気を使います。
男役は、ファンの夢を壊さないため、スカートははきません。髪も伸ばしません。