2014年には創立100周年を迎える宝塚歌劇団。「宝塚歌劇団って?」と思われた方、ビギナーの方、ぜひお読み下さいませ! 宝塚は歌、踊り、芝居などで構成されるエンターテインメントです。

宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル1
宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル2
宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル3
宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル4


年間の観客動員数は?

宝塚大劇場公演と東京宝塚劇場公演のみで、合わせて約200万人です。


舞台は誰が企画して作るの?

宝塚歌劇団には専属のスタッフが大勢います。
脚本・演出家、音楽、振付、装置、照明、大道具、小道具、衣装、音響……。
主にこれらの専属スタッフが作りますが、外部のスタッフに依頼することもあります。

タカラジェンヌは全員女性ですが、スタッフは衣装以外、男性の方が多いです。


衣装は誰が作るの?

専属または外部の衣装デザイナーがデザインし、歌劇団の衣装部さんが製作します。
中には海外の工場で作られるものもあります。

本番中、早替りを手伝ったり、衣装のメンテナンスをするのも衣装部さんの役目。衣装部さんはタカラジェンヌの身近で支えてくれるスタッフです。


稽古はどこでするの?

宝塚歌劇団

宝塚歌劇団

宝塚大劇場の隣に宝塚歌劇団のビルがあります。
そこには大小様々な稽古場があり、そこで稽古をします。
宝塚大劇場以外の公演でも、この劇団で稽古をします。


一つの公演の稽古日数は?

一ヶ月公演でも、それ以上の期間、稽古をします。


公演の稽古は一日に何時間くらいするの?

それはその日の稽古内容によってまちまちです。
数時間で終わる日もあれば、午前中から22時過ぎまでということもあります。
基本的に水曜日は稽古も休みですが、休みを返上して稽古をする場合もあります。