こっくり甘旨。豚のごまみそ焼き

所要時間:15分

カテゴリー:メインのおかずローストポーク

 

グリルで焼いて、ヘルシー&手間いらず

練りごまと白みそを合わせたタレに漬けこんだら、あとは焼くだけ。グリルを使うことで油を使わずに焼くことができ、余分なタレや脂分を落とすこともできます。フライパンのようにつきっきりにならずに済むので、他の調理も同時に進めやすくなります。

練りごまと白みそを合わせた漬けだれはピーナッツバターを思い起こさせる甘みと香ばしさがありますが、カロリーはそれより控えめ。柔らかな甘みがご飯によく合います。白みそがないときは、普通の味噌でもいいですが、塩味を強く感じるので、記載の分量より少し減らすといいでしょう。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『豚のごまみそ焼き定食(朝5分+夕20分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

豚のごまみそ焼きの材料(2人分

豚のごまみそ焼きの材料
豚ロース肉 2枚
ねり白ゴマ 小さじ2
白味噌 大さじ2
大さじ1
みりん 大さじ1
少々

豚のごまみそ焼きの作り方・手順

豚のごまみそ焼きの作り方

1:漬ける

漬ける
豚ロース肉に塩を振ります。練りごま、白みそ、酒、みりんをよく混ぜ合わせたものを豚肉の全面に塗ります。1時間以上置きます。

2:焼く

焼く
豚肉をグリルに入れ、両面を中火でこんがりと焼きます。焼き時間は片面4~5分が目安。 焦げてしまうときは、焼き色をつけたあと、アルミホイルをかぶせて焼きます。

ガイドのワンポイントアドバイス

豚肉は調味料に漬け込んで、冷蔵庫で2~3日保存できます。冷凍すれば、2週間ほど保存できるので、作り置きにもおすすめです。なお、所要時間に漬けこみ時間は含みません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。