むくみをすっきり解消させる、リフレクソロジーテクニック

ごく稀に「足のむくみなんて感じた事がない」という、ラッキーな女性にお目にかかる事もあります。

でも、たいていの女性は、仕事帰りの電車の中で、あるいはキッチンで料理をしている時、旅先で歩きすぎた時、合わない靴を履いて出かけてしまったなど、様々な理由から、足が重だるい、ふくらはぎの裏に血管が浮いてしまう、靴がきつく感じる、足裏が火照るなど、不快な症状を感じたことがあるのではないでしょうか?

リフレクソロジーで、セルフケアをすることで、最も即効性を感じるのが、足のむくみに対してです。足の悩みに対して足裏やふくらはぎをケアするのですから、直接的に状態を見ながら行えるということが、その大きな理由。

足裏を刺激し、下から上にしっかり体液を押し上げることで、血流がアップし、むくみの元になる過剰な液体が動くので、ヒザ下のプヨプヨ感がなくなり、ヒザ下にスッキリしたラインが現れ、見た目の美しさを取り戻せます。

むくみとは?

重力で下がった血液やリンパ液が、心臓に戻りきれずに、足先に溜まってしまう状態のこと。冷え、立ちっぱなし、座りっぱなし、歩き過ぎ、運動不足、塩分の濃い食事など、様々な原因が考えられます。

むくみを放置しておくと、過剰な水分が原因で更に冷えの元となり、マッサージによって、血行が良くなればサイズダウンしていた足の形も、次第に脂肪に変わってしまい、少しのマッサージくらいでは、効果が上がらなくなります。

そうならないためにも、「今日のむくみは今日のうちに取って寝る」というくらいの心構えで、むくみ対策をはじめましょう!

簡単にできるむくみに効くリフレクソロジー

腎臓の反射区

腎臓の反射区

まずは腎臓から輸尿管を通り、膀胱に向けて一気に刺激します。
左右の手の親指を重ねて、固く張っている部分を5回ほど押します。





リンパ腺の反射区

リンパ腺の反射区

足首前部のリンパ腺の反射区のくぼみを、両手でリズミカルに刺激します。







胸部リンパ

胸部リンパ

その後、足の甲側、趾間のくぼみをそれぞれ5回づつ、先端から足首に向けて刺激します。







最後に足首からふくらはぎを通って、膝の内側にあるリンパ節まで、リンパドレナージュを行ってください。崩した老廃物を、しっかり膝リンパ節まで流す。
これが効果をアップさせる大事なポイントです。

足浴も効果的

足浴

44℃のお湯で10分ほど足浴を

リフレクソロジー以外のむくみケアとして、簡単な方法として、足浴があります。

お風呂よりも高めの、44度くらいのお湯を大きめのたらいに張り、10分間ほど足をお湯に浸けます。くるぶしが浸かるくらいがベストです。

お湯の中にはローズマリーやジュニパー、ラベンダーなどのエッセンシャルオイルを数的落とすか、粗塩をひとつまみ入れてください。

むくみを感じる時だけでなく、帰宅後、キッチンに立つ前にほんの5分間足浴するだけで、足先に溜まった血液が心臓方向に動きはじめるので、驚くほど疲れがすっと取れますよ!! ぜひお試しください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。