銅峡谷ウルトラマラソンのきっかけとなったタラウマラ

Ultra

ウルトラマラソン、カバジョ・ブランコ2013年のチラシ

sandal

タラウマラのサンダル(C)Ah Chihuahua www.ah-chihuahua.com/

タラウマラが世界中の人々から注目されるきっかけとなったのが、アメリカのライター、クリストファー・マクドゥーガル著の『BORN TO RUN 走るために生まれた』 という本です。

マクドゥーガルは、ほとんど裸足にちかい姿で、世界一速く走ると噂される、チワワ州の秘境、銅峡谷に住む先住民族タラウマラの存在を知ります。現地に長く住み、 タラウマラの人々とも交流のあるカバジョ・ブランコというアメリカ人や、仲間たちと協力しあい、銅峡谷(バランカス・デル・コブレ。英名コッパーキャニオン)で、タラウマラとアメリカ合衆国の強者ランナーたちを集めて、岩場や滝、山を越える80kmの耐久レース「コッパーキャニオン・ウルトラマラソン」を行うまでの顛末を綴った記録小説で、日本でも話題になりました。

そのウルトラマラソンも、2013年で11回目。現在では毎年約600人のランナーが走る国際マラソンにまで成長。カバジョ・ブランコが2012年に亡くなったため、その名前を冠して、2013年からは「ウルトラマラソン、カバジョ・ブランコ」という名前になりました。もちろん、毎年タラウマラのランナーが出場し、優秀な成績を残しています。

参考>>>ウルトラマラソン、カバジョ・ブランコの公式ホームページ

タラウマラの集落へ行くには

artesana2

帽子を草で編んでいる女性(C)Etsuko and Masanari Abe

casa2

岩の窪みを利用した家(C)Etsuko and Masanari Abe

シェラ・タラウマラのなかのタラウマラの集落はボコイナ(Bocoyna)、ウリケ(Urique)、グアチョチ( Guachochi)、グアダルーペ(Guadalupe) 、 カルボ(Calvo)、バトピラス( Batopilas)、カリチー(Carichí)、バジェサ(Balleza) 、ノノアバ(Nonoava)です。なかには険しい山をいくつも越えなければ、たどり着けない集落もあります。

そんななか、旅行者がチワワ鉄道のルートから簡単に行きやすいのは観光地クリールからツアーを利用する方法。ホテルの宿泊とパックになっているツアーもたくさんあります。また、チワワ鉄道のバウィチボ駅で降り、車で約45分のセロカゥイ村まで移動。村には宿泊施設があるので、そこを拠点にして、近隣のタラウマラの集落、ウリケへむかうこともできます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。