メキシコシティのおすすめスーパー

Tobirasuper

スーパーで買えるおみやげの一例。濃厚なヤギのキャラメル=カヘタを使ったお菓子詰め合わせやバナナチップスのチリ味もメキシコらしい

気軽に渡せるお土産としてのお菓子や食品などを、手頃な価格で見つけられるのがスーパー。メキシコシティ内にもたくさんのスーパーがあります。

スーパーチェーンには、アメリカ資本のウォルマート(Wal-Mart)と、その傘下であるボデガ・アウレラ(Bodega Aurrera)やスペラマ(Superama)。メキシコ国内資本では、ソリアナ(Soriana)、チェドラウィ(Chedraui)、コメルシアル・メヒカーナ(Comercial Mexicana)に、政府が運営するスーペル・イステ(Super ISSTE)やティエンダス・デル・イムス(Tiendas del IMSS)があります。スーパーを運営する資本がアメリカかメキシコかという違いはあっても、品揃えには極端な差はありません。ただ、同じ系列のスーパーであっても、富裕層の住むローマス、ポランコ、サンタフェ、南部のペドレガルやコヨアカンなどの地域では高めの価格設定、セントロ(ダウンタウン)や北部の庶民的な地区では安めな価格設定がされています。

日本のスーパーと異なる点は、リュックなど大きな荷物を持っている場合、必ず入り口の荷物預かり所で荷物を預けなければいけないことと、レジの脇に買った物を袋に詰めてくれる係の人(だいたい子どもか高齢者であることが多いです)がいるので、その人に1~2メキシコペソのチップを渡すことです。

ここでは、旅行者が行きやすいメキシコシティのおすすめスーパー3件を案内します。

庶民派スーパーの代表、チェドラウィ

chedraui

ダウンタウンにある庶民派スーパー

salsachedraui

缶入りサルサは割れないので手軽なお土産にピッタリ

数あるスーパーのなかでも特に価格が安いことで知られるメキシコ資本のスーパー・チェーン、チェドラウィ(Chedraui)。メキシコらしいスナック菓子類や、サルサといった食品に、テキーラメスカル、メキシコ産ワインなど酒類も、手頃な価格で購入できます。パンやお惣菜、タコスやハンバーガーなどの軽食が食べられるイートインエリアもあるので、軽く食事を済ませたいときは便利。

チェドラウィはメキシコシティ内に8店舗ありますが、そのなかでもセントロ地区(ダウンタウン)にある、ブエン・トノ(Buen Tono)店が、おすすめ。メトロ(地下鉄)の駅からも近く、市場や食堂が並ぶ場所にあり、メキシコ庶民の暮らしぶりもうかがえます。

<DATA>
Chedraui(チェドラウィ)Buen Tono店
住所:Av. Buen Tono 8, Col. Centro, Del. Cuauhtémoc
アクセス:メトロ1、8号線Salto del agua(サルト・デル・アグア)駅から徒歩3分
営業時間:8:00~22:00 無休
TEL:(55)5512-4069