世界中で大人気。メキシコを代表する蒸留酒、テキーラ

塩とライムをつまみに、ストレートで飲むのがおすすめ

塩とライムをつまみに、ストレートで飲むのがおすすめ

レポサドは口当たりが良いので日本人にも好評

レポサドは口当たりが良いので日本人にも好評

メキシコを代表する蒸留酒、テキーラはアガベという竜舌蘭の一種から抽出されます。竜舌蘭はメキシコ全土でよく見かける植物ですが、さまざまな種類があって、ハリスコ州のテキーラ村に代表されるような、政府が指定する地域で採られるアガベから抽出された酒だけが、テキーラの称号を与えられます。

テキーラもその熟成の度合いによって、種類は分かれます。製造後すぐに瓶詰めされるブランコは、キリッとした後味が特徴で、日本の焼酎に似た後味。2ヶ月から1年未満で熟成させたレポサドは、まろやかなコクがあります。そして、1年以上樽で寝かせたアニェホは、上質のウイスキーのような香り高さを持ちます。

テキーラの正しい味わい方

日本で、テキーラの一気飲み(ちょっと罰ゲーム的な)をやっている光景に出くわしたことがありますが、あれは反則! テキーラはゆっくり味わいながら飲まなければいけません。

飲み方として定番で、おすすめなのは、やはりストレート。塩と、ライムをつまみにしていただきます。レストランやバーではチェイサーとして、サングリータというトマトジュースとチリソースが混じったような飲み物を一緒に出すところもあります。

また、グレープフルーツ味の炭酸飲料で割った、パロマと呼ばれるカクテルも人気。テキーラを使ったフローズンカクテル、マルガリータも、ぜひ試したいもの。本場メキシコでは、グラスの口のところに塩だけでなく唐辛子パウダーがまぶされますが、意外にも唐辛子がカクテルの甘さを引き締めて、ベストマッチです。

お土産にテキーラ! どこで手に入れる?

テキーラは、メキシコでは国を代表する酒なので、バーやクラブはもちろん、アルコールを提供するほとんどのレストランで扱われています。日本でもホセクエルボ、ヒマドーレス、ドンフリオ、センテナリオ、カサドーレスなど数多くの種類のテキーラが輸入されるようになりましたが、メキシコでは高級なものが日本の半値以下で買えるので、お土産に最適! まだ日本で扱われていない種類も多く、安いものから高いものまでピンキリで迷うところですが、原料にアガベ(竜舌蘭)100%使用と表示されているものを選ぶのがポイント。混ざり物があるテキーラはやはり味も落ちます。

空港の免税店で購入可能ですが、酒屋やスーパーでは、はるかに安く買えます。しかし、飛行機搭乗の際に預ける荷物のなかで酒類は750mlのボトル2~3本までと決まっているので、安いからと言ってもたくさん持ち帰れるわけではありません……。そこで、空港の免税店で買うメリットは機内に持ち込めるという点。さらに、一般市場にない空港限定モデルのテキーラもあるので、ぜひお土産探しに覗いてみてください。

テキーラの買えるお店を紹介しています>>>テキーラ/メキシコのお土産

テキーラやメスカルの試飲もできる>>>テキーラ・メスカル博物館



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。