革のコンディションを重視した、正攻法のシューケア!

R&Dの商品

FANS.ではR&Dの製品が一堂に会します。中には他の店舗ではあまり見掛けない商品もチラホラ……。表参道駅周辺は著名な紳士靴店が多いエリアでもあり、新品を買ったらここでシューケア用品をそろえてしまう、なんて使い方も可能です。

什器に木曽産のブナ材を用いた内装はコンパクトながらも開放的で、若干奥まっているにもかかわらず初めて訪れる方にも入りやすいFANS.。ここのセールスポイントに、まずはシューケア=靴のお手入れのメニューは外せません。近年は靴の修理のみならず靴磨きを専門に扱う店舗も増え、それぞれに流儀があって非常に面白い分野なのですが、ここのポリシーはズバリ「革のコンディションを高める」お手入れを提供すること。つまりこれ見よがしに完璧かつピカピカに磨き上げるシューポリッシュではなく、シンプルだけど革に一番良好に作用する、あくまで自然なシューケアを靴に施すことです。

靴の種類や状況に合わせ、お手入れにはもちろん「M.モゥブレィ・クリームナチュラーレ」をはじめとするR&Dの製品が用いられ、原則お預かりでの対応になるものの、それほど難しくない内容で済むのであれば店頭で十数分待っている間に仕上げてもくれます。また、ここは同社の商品が一堂に会する店舗でもあるので、来たついでに切れてしまったお手入れ用品や気になっていた商品を、店員さんのアドバイスを受けながら入手する的な使い方も可能です。靴の水洗いやカビ取りなど、ちょっと厄介なお手入れについても受け付けてくれますので、「これは困ったなぁ……」と自分でお手入れする自信がなかったり、方法がわかっていてもそれを行う時間が取れない際に重宝する存在になりそうです。

コードヴァンケア

FANS.が得意とするコードヴァンケアの一例です。アッパーの表面に思わずカメラが映ってしまいそう! 油性ワックスを使わないでここまで仕上げてしまうテクニックに感動すら覚えます。ちなみにシューツリーもくるいの少ない西洋シデ材を木型職人が手で仕上げ、金具も本真鍮を奢った逸品です。コードヴァンケア1890円~ シューツリー2万9400円。いずれも税込(FANS. TEL:03-6450-5126)

とりわけこのお店のシューケアマイスター・大東店長が一押しするメニューが、「コードヴァンのシューケア」です。上の写真の正に「トロみの深い」アッパーの表情をご覧いただければ、それに偽りがないことは容易におわかりいただけるでしょうが、これを乳化性のクリームのみで出してしまうのですから驚き! コードヴァンの靴は製造時に油性ワックスで仕上げるのが習わしですが、これが時に厚い皮膜になってこの革が本来持つ特性を抹殺してしまうこともあるようで、FANS.ではそれを丁寧に取り除いた上でお手入れを行うので、アッパーの表面に表れる「透き通る感覚」のレベルが格段に上がるのです。この革については「カッコ良く光ってくれない……」とお嘆きの方も相当多いはず。持ち込む価値は十二分にありますよ!

お手入れメニューの一例:いずれも紳士靴(シューズ)で税込み】
(主な基本メニュー)
A.シューケア(クレンジング・栄養補給・つや出し):1050円~
B.コードヴァンケア(Aでアッパーがコードヴァンの場合):1890円~
C.クリーニング(Aに水洗いを追加):2625円~
D.リキッド靴墨の除去:3675円~
(主なオプション)
ハイシャイン:+525円
パテントレザー・ホワイトレザー・エキゾチックレザー:+210円
カビの除去・予防:Cに+1050円


FANS.のもう一つの顔である「靴のオーダー」については、次のページへ!