ほうれい線解消方法

年齢と共に肌のハリが無くなり、頬が垂れ下がり、ほうれい線が目立ってきます。年齢が出やすいほうれい線をしっかりケアすることで、薄くして行く事ができます。今回は、誰でも簡単に出来る、ほうれい線ケアをご案内いたします。

手を使わず出来る簡単ほうれい線ストレッチ

ほうれい線が出来る原因に、形状記憶、筋肉の衰え、肌のハリの衰え等があります。口は顔の中でも、目の次に多く動かす場所です。笑う、食べる、話すなどの同じ動作を繰り返して行くうちに、同じ部分に線が出来てきます。また、年齢と共に、筋肉が衰え、重力に負けて垂れ下がってきます。毎日、続けてケアして行く事が大切です。今回は、手を使わずに口だけで、ほうれい線を伸ばしながら、口の周りの筋肉を引き締めて行くメソッドをご紹介いたします。


舌を使ったほうれい線解消方法1


舌で口の中からほうれい線を押し上げて刺激して行く運動です。

右の小鼻の脇を押し上げる

右の小鼻の脇を押し上げる

1.右の小鼻のわきを舌で押し上げる
ほうれい線を舌でしっかりと伸ばす意識でなでていきます。







舌を上下にゆっくり動かす

舌を上下にゆっくり動かす

2.舌で上下になぞる
5秒掛けてゆっくりと上から下にほうれい線をなぞっていきます。
下まで行ったら上に5秒掛けて戻します。






左の小鼻の脇を舌で押し上げる

左の小鼻の脇を舌で押し上げる

3.左の小鼻のわきを舌で押し上げる
1と同様に、しっかりとほうれい線を延ばす意識で押し上げます。







舌を上下にゆっくり動かす

舌を上下にゆっくり動かす

4.2と同様に上下に5秒掛けながらなぞります。

この運動を左右3セットずつ行ってください。







舌を使ったほうれい線解消方法2


舌で、口の内側を1周なぞりながらほうれい線と口輪筋を刺激していく運動です。

口の中を1周舌で回します。

口の中を1周舌で回します。

1. 舌を頬の右上に置きます。スタート位置。
舌を使って、口の内側(口の周り)を1周なぞる運動を行います。

2. 舌を頬の右下を通り、左下、左上の順にまわします。
これを3セット行います。

 


 

頬の膨らましを使ったほうれい線解消方法


口の中に空気をいれて、頬を膨らませ、形状記憶を解消してく運動です。

右側頬に空気を入れます。

右側頬に空気を入れます。

1.右の頬に空気を入れて、思い切り膨らませます。
このまま5秒キープします。







左頬に空気を入れます。

左頬に空気を入れます。

2.右が終わった後は左も行います。
この運動を3セット行います。







毎日行う事で、ほうれい線の防止や、現在出来ているほうれい線が薄くなる効果が望めますので、お試しください。

運動を行った後は、マッサージクリームなどを使用して、顔をケアしてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。