炭水化物はいつ食べるのが正解? 食事の最初か最後か

いつ食べる?

いつ食べる?


食べ順ダイエットは、もはや食事ダイエットの定番中の定番です。その定番のやり方は、汁物→野菜料理→メインディッシュ(たんぱく質メニュー)、そして最後に炭水化物(ご飯、パン、麺類)という順番で食べる方法です食べ過ぎや血糖値の急上昇を防ぐと言われています。

ですが、実践した結果「食べる順番は関係ない、意味がない」と言う人もいて、逆に「炭水化物を最初に食べる、逆食べ順ダイエット」で成功する人もいます。特に、低血糖状態に陥りやすい生理前やお菓子の過食が癖になっている人にとっては、むしろ、最初に炭水化物を食べる方が食べ過ぎを防げることもあります。

それぞれの食べ順にそれぞれのメリットがあるので、順にその理由や利点について考えていきましょう。


炭水化物を最後に食べる、従来の「食べ順ダイエット」のメリット

そもそも、炭水化物を最後に食べる食べ順ダイエットが良いとされるのには、2つの理由があります。

■食べ過ぎと血糖値の急上昇を防ぐ
食後は、食事で摂取した糖質は血液中を流れて全身に送られます。血液中の糖質の量(=血糖値)が増えると人間は満腹を感じます。本来、糖質は消化吸収されやすく、速やかに代謝されてエネルギーとして利用されるのですが、過剰に摂取した糖質は脂肪細胞によって蓄えられてしまいます。さらに、血糖値が急激に上がるとインスリンが大量に分泌されて、糖を脂肪に変えて蓄えようとします。

ご飯だけ、パンだけ、パスタだけを先に食べると、血糖値が上がりきる前に食べ過ぎてしまいます。事前に、食物繊維を豊富に含む野菜をしっかり食べて、肉や魚、納豆、豆腐などのたんぱく質メニューもしっかり食べることで、食べ過ぎを防ぎ、血糖値が急激に上がることを防ぐことで、脂肪の蓄積を抑えられます。


■カロリーの高い炭水化物を食べ過ぎない
ダイエット,AllAbout ダイエット,AllAbout 阿部エリナ,炭水化物undefinedダイエット,食べ順ダイエット

炭水化物は先に食べるのが良い?それとも後?

お腹が空いている時に、真っ先に炭水化物類を食べると、ご飯を何杯もおかわりしたり、パンを何個も食べたりと必要以上にたくさん食べてしまうことになります。

でも、汁物で先に内臓を温めつつ胃袋を少し満たし、その後、野菜を咀嚼することで満腹中枢を刺激し、メインディッシュとなる肉や魚などのたんぱく質メニューで味覚とお腹を満足させてあげれば、最後に食べる炭水化物は少量でもしっかり満足できます。

1食の中で最も高いカロリーを占める炭水化物をたくさん食べないために、炭水化物は最後に食べるのが良いとされているのです。


≫では、炭水化物を最後に食べることにデメリットはあるのでしょうか?