汁物→野菜料理→メインディッシュ(たんぱく質メニュー)、そして最後に炭水化物(ご飯、パン、麺類)を食べるという食べ順ダイエットはもはやダイエットの定番中の定番ですが、最近はその反対で炭水化物を最初に食べるダイエットの方が実は効果を出しやすいというデータがあります。

特に、食欲が増す生理前や、お菓子に依存していたり過食の癖が直らない人にとっては、最初に炭水化物を食べる方が食べ過ぎを防ぐ効果が高いと人気です。炭水化物を最後に食べる方法で痩せられなかった人必見です!


炭水化物を最後に食べるメリット

そもそも、炭水化物を最後に食べるとダイエットに良いと言われている理由は2つあります。

<血糖値を急激に上げないため>
食後は、食事で摂取した糖質が血液に流れますが、血液中の糖質の量(=血糖値)が増えることで人間は満腹を感じます。しかし、一気に大量の糖質が血液に流れる(=血糖値が急激に上がる)と、糖質は血液中から脂肪細胞へと運ばれ、中性脂肪として蓄えられます。

野菜など食物繊維を豊富に含むおかずを食べずに、ご飯だけ、パンだけ、パスタだけ、というように炭水化物中心の食事をすると、腸内から体内への吸収が良いために血糖値が急激に上がります。しかし、野菜もしっかり食べて、肉や魚などのたんぱく質メニューもしっかり食べていれば、その分消化・吸収に時間がかかるため血糖値が急激に上がらないので、脂肪の蓄積も抑えられます。

<カロリーの高い炭水化物を食べ過ぎない>
ダイエット,AllAbout ダイエット,AllAbout 阿部エリナ,炭水化物undefinedダイエット,食べ順ダイエット

炭水化物は先に食べるのが良い?それとも後?

お腹が空いている時に、真っ先に炭水化物類を食べると、ご飯を何杯もおかわりしたり、パンを何個も食べたりと必要以上にたくさん食べてしまうことになります。でも、汁物で先に内臓を温めつつ胃袋を少し満たし、その後、野菜を咀嚼することで満腹中枢を刺激し、メインディッシュとなる肉や魚などのたんぱく質メニューで味覚とお腹を満足させてあげれば、最後に食べる炭水化物は少量でもしっかり満足できます。


1食の中で最も高いカロリーを占める炭水化物をたくさん食べないために、炭水化物は最後に食べるのが良いとされています。


≫炭水化物を最後に食べるデメリットは??