五月病という言葉があるようにこの時期に体調を崩す人が多いようですが、実は肌も同じ。なんとなく調子が悪いという人もいれば、肌あれやニキビなど明らかなトラブルが出る人もいるようです。その理由には「5月」という天気・気候を無視することはできません。日本は地域によって気候が大きく異なるため一概には言えませんが、気温や紫外線、晴天などが肌に関係している場合があるのです。そこで今回は、そのメカニズムとおすすめの対策を解説しましょう。
 

高温による肌あれやニキビ

高温

気温が20度を超える日が多くなります

まず、気温上昇による肌ストレスについてお話ししましょう。5月は気温が一気に上がって「暑い!」と思う日も増え始める時期です。顔に汗をかいたり皮脂分泌も活発になり、テカリやベタつき、メイクくずれなどが気になってくる人も増えるでしょう。不快であることはもちろんですが、実は肌に負担もかけているのです。肌は汗(水分)によってふやけてデリケートな状態になっている可能性があり、それを意識せずにハンカチでさっとぬぐえば、肌のバリア機能にダメージを与えてしまうことも。また、分泌された皮脂は時間とともに酸化し、それが肌あれやニキビを誘発する危険もあります。

もちろん、これらのトラブルは夏の間ずっと起こりうるもの。とはいえ、とくに5月ごろはまだ肌も体も暑さに慣れていないうえ、スキンケアやメイクについて汗・皮脂対策をスタートさせていない人も多く、真夏以上に肌に負担をかけていることがあるようです。

対策
・汗や皮脂はティッシュで押さえるようにやさしくオフ
・メイク下地やファンデをすぐに夏バージョンへと切り替える
・収れん化粧水、シーバムケアなど、皮脂対策用のスキンケアを組み込む
 

紫外線×乾燥による肌ダメージ

次は紫外線の問題です。ご存知のとおり5月ごろから紫外線はかなりパワーアップ! 改めて言うまでもなく、紫外線は肌にダメージを与えて、シミ、くすみ、乾燥、シワなどを招いたり、肌の老化を加速させます。また、3月~5月の平均湿度が50%前後という地域もあり、これは真冬とあまり変わらなかったりも……。暖かくなってきて気づきにくいですが、空気が乾燥している可能性も忘れてはいけないのです。

つまり比較的湿度の高い真夏とは違って5月は肌が乾くこともあり、その結果、バリア機能が低下してしまうと、紫外線の影響をいっそう受けやすくなることに。真夏ほど紫外線が強力ではなくても、肌は大きなダメージを受けてしまう危険が高いというわけです。

対策
・日常生活でもSPF30、PA++程度の日焼け止めを欠かさない
・下地やファンデにもUVカット効果があると安心
・暖かくなってきても、保湿ケアを抜かりなく