5月のスキンケア対策

気温が20度を超える日が多くなります

五月病という言葉があるようにこの時期に体調を崩す人が多いようですが、実は肌も同じ。なんとなく調子が悪いという人もいれば、肌あれやニキビなど明らかなトラブルが出る人もいるようです。その理由には「5月」という天気・気候を無視することはできません。日本は地域によって気候が大きく異なるため一概には言えませんが、気温や紫外線、晴天などが肌に関係している場合があるのです。そこで今回は、そのメカニズムとおすすめの対策を解説しましょう。
   

5月の高温による肌あれやニキビ

まず、気温上昇による肌ストレスについてお話ししましょう。5月は気温が一気に上がって「暑い!」と思う日も増え始める時期です。顔に汗をかいたり皮脂分泌も活発になり、テカリやベタつき、メイクくずれなどが気になってくる人も増えるでしょう。不快であることはもちろんですが、実は肌に負担もかけているのです。肌は汗(水分)によってふやけてデリケートな状態になっている可能性があり、それを意識せずにハンカチでさっとぬぐえば、肌のバリア機能にダメージを与えてしまうことも。また、分泌された皮脂は時間とともに酸化し、それが肌あれやニキビを誘発する危険もあります。

もちろん、これらのトラブルは夏の間ずっと起こりうるもの。とはいえ、とくに5月ごろはまだ肌も体も暑さに慣れていないうえ、スキンケアやメイクについて汗・皮脂対策をスタートさせていない人も多く、真夏以上に肌に負担をかけていることがあるようです。

対策
・汗や皮脂はティッシュで押さえるようにやさしくオフ
・メイク下地やファンデをすぐに夏バージョンへと切り替える
・収れん化粧水、シーバムケアなど、皮脂対策用のスキンケアを組み込む
 

紫外線×乾燥による肌ダメージ

次は紫外線の問題です。ご存知のとおり5月ごろから紫外線はかなりパワーアップ! 改めて言うまでもなく、紫外線は肌にダメージを与えて、シミ、くすみ、乾燥、シワなどを招いたり、肌の老化を加速させます。また、3月~5月の平均湿度が50%前後という地域もあり、これは真冬とあまり変わらなかったりも……。暖かくなってきて気づきにくいですが、空気が乾燥している可能性も忘れてはいけないのです。

つまり比較的湿度の高い真夏とは違って5月は肌が乾くこともあり、その結果、バリア機能が低下してしまうと、紫外線の影響をいっそう受けやすくなることに。真夏ほど紫外線が強力ではなくても、肌は大きなダメージを受けてしまう危険が高いというわけです。

対策
・日常生活でもSPF30、PA++程度の日焼け止めを欠かさない
・下地やファンデにもUVカット効果があると安心
・暖かくなってきても、保湿ケアを抜かりなく 
 

晴天によるストレス性の肌トラブル

高温による肌トラブル

晴れ(高気圧)も肌に負担がかかります

5月ごろは空が晴れ渡る日が多い傾向にあります。けれど実は、この「晴れ」が肌にストレスをかけている可能性も。晴れている日は高気圧に覆われているのですが、そんなときは交感神経が優位になると言われています。交感神経は血管を収縮させるなど体を緊張状態に導くもの。

つまり、晴れの日は交感神経が優位になって体も肌も緊張気味で、それが連日続くためにストレス性のニキビや肌荒れを誘発することがあるのです。さらに、ストレスによってメラニン生成が促されるという説もあるので、肌のシミやくすみがいつも以上に気になる人もいるかもしれません。

対策
・マッサージをしたり、アロマコスメを使うなど、緊張をときほぐすようなケアを
・新しいコスメに手を出さず、肌が慣れているもので慎重に
・UVカットコスメだけでなく、美白コスメも味方に
 

新生活のストレス+上記3つによる肌の不調

4月から始まった新しい環境によるストレス、そして今まで説明してきた3つの要因などが複雑にからみあって蓄積し、肌が大きなダメージを受けてしまうことがあります。まさに、肌の五月病の象徴のようなものです。いつもと同じケアなのに、サプリも摂っているのに、規則正しい生活を送っているのに……それでも肌の調子がなんとなく悪いと感じているなら、その可能性を疑ってみましょう。肌あれ、ニキビ、カサつき、赤み、ヒリつきなどその症状はさまざま。いつもの化粧品を使えないくらい悪化してしまったら、すぐに皮膚科へ相談しましょう。

対策
・ストレスを感じにくい生活、またはストレス発散を心がける
・肌を清潔に整え、いつも以上にたっぷりの潤いを補給する
・あまりにひどい場合は、皮膚科へ相談する

このように5月になると目立つ肌トラブルは、この時期特有の天気・気候と関係している場合があります。毎日の空模様はどうすることもできませんが、知識を持っていることで日々のケアに気を配ることはできるはずです。その結果、肌トラブルを未然に防ぐことができますし、原因がわからず不安になってしまうこともないというわけです。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。