古い角質は美肌の敵?溜まる原因と肌の新陳代謝を促し除去するには?

古い角質が溜まる原因とは?

古い角質が溜まる原因を知り、改善対策を


肌は毎日新しく生まれ変わっています。新陳代謝によって、細胞が絶えず入れ替わっているのです。具体的には、基底層という部分で新しい細胞が生まれ、分裂しながら働きや形を変えて肌表面へと押し上げられていき、肌表面で角質となってやがて自然にはがれ落ちるメカニズム。

この肌の新陳代謝はターンオーバーと呼ばれ、これがスムーズに行われてこそ、初めて美肌を保てるのです。反対になんらかの原因によってターンオーバーが乱れると、古い角質がはがれずに肌表面に厚く溜まってしまうことがあります。これが「角質肥厚」と呼ばれる状態です。その原因はいくつか考えられます。
 

古い角質が溜まる原因1.肌の乾燥と潤い不足

ターンオーバーが正常なら、古い角質は自然にはがれ落ちます

ターンオーバーが正常なら、古い角質は自然にはがれ落ちます


まず、肌の潤いが不足している場合。たっぷりの潤いで満たされた理想の肌であれば、ターンオーバーがスムーズに行われます。ところが乾燥していると肌の代謝機能がしっかり働かず、健康な細胞が生まれにくく不要な角質もはがれにくくなります。その結果、肌表面に古い角質が蓄積するのです。

こんな人は要注意!
・もともと肌がカサつきやすい
・メイクのりが悪い日が多い
・暑くなると、軽やかなケアに走りがち

 

古い角質が溜まる原因2.日焼け止め対策をせず紫外線を浴びている

紫外線も角質肥厚を引き起こす原因のひとつ。強い紫外線を浴びると、肌はその紫外線から体を守ろうとします。つまり、肌内部に刺激や異物が侵入してしまうのをガードする防御反応が働くということ。その結果、肌を厚くしようとする、つまり、角質が溜まるというわけです。さらに、紫外線は肌の乾きも助長するため、角質肥厚を招く要因が重なることにもなります。

こんな人は要注意!
・冬は紫外線対策をしていない
・近所への買い物くらいでは日焼け止めを塗らない
・夏を終えると、肌のくすみやゴワつきが目立つ

 

古い角質が溜まる原因3.摩擦による肌への負担

物理的な摩擦も角質を厚くさせます。洗顔時の泡立てが不十分だと指の刺激が肌に直接伝わってしまいますし、タオルで顔を拭くときになにげなくこするだけでも、それがまた肌にとって刺激になることがあります。こういった摩擦などの刺激も肌を守ろうとする働きを活発にし、角質肥厚につながります。

こんな人は要注意!
・泡立てネットを利用していない
・顔表面でタオルをすべらせて拭く
・頻繁に顔をこすったりかいたりする
 

古い角質が溜まる原因4.ビタミン不足

野菜嫌いの人も危険!

野菜嫌いの人も危険!


ビタミン類が美肌を保つために不可欠ということはご存知だと思いますが、とりわけ肌の新陳代謝に関係が深いのはビタミンB類やビタミンA。これらが不足することで、新しい細胞が生まれにくくなり、新しい細胞に押し上げられることのない古い角質が肌表面に留まってしまう可能性があります。

こんな人は要注意!
・外食が多い
・どちらかというと偏食ぎみ
・レバーや緑黄色野菜が苦手

 

古い角質が溜まる原因5.男性ホルモンが過剰になっている

男性ホルモンが角質を厚くするという場合も。そのメカニズムは明確にはなっていないようですが、男性ホルモンが増加したり、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れたりすると、角質肥厚ができやすいという説があるのです。男性ホルモンはとくにストレスによって過剰になることがあるので、角質肥厚に悩む人は注意しましょう。

こんな人は要注意!
・ストレスを感じやすい
・大人ニキビに悩んでいる
・生理前に肌トラブルが出やすい
 

古い角質が溜まる原因6.加齢による新陳代謝の衰え

加齢によって全身の新陳代謝そのものがダウンしていくわけですから、もちろん肌のターンオーバーもスムーズにいかなくなることに。以前に比べて、肌の傷が治りにくくなったと感じることがあるなら、年齢を重ねるごとにあなたの肌の新陳代謝も落ちている可能性を疑ってみてください。

こんな人は要注意!
・肌にエイジングサインを感じている
・若いころに日焼けをしていた
・常に肌がゴワつく、メイクのりが悪い


以上、原因を6つに分類しましたが、どれか思い当たることがあるようなら、ぜひ角質ケアを組み込みましょう。見た目に明るく透明感があり、触れると柔らかくしなやかで、メイクのりも抜群、という理想の美肌へと大きく前進すること間違いなしです。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。