肌が硬い気がする、ゴワゴワする、ザラつきがある、透明感がない、ニキビができやすい……これらの自覚症状は肌のターンオーバーが乱れ、角質が厚くなっている可能性があります。なめらかな明るい肌を取り戻すために角質ケアは効果的ですが、実は良かれと思って実践していても反対に悪い影響を与えてしまっている可能性も。以下の代表的な5つ、あなたは大丈夫でしょうか?
 

1. 角質ケアの重ね使い

コスメあれこれ

角質ケアコスメは一度にあれもこれも使わないで

角質肥厚にアプローチするアイテムはたくさんあり、酵素入り洗顔料、スクラブ、クレイマスク、ふき取り化粧水、角質柔軟美容液、ピーリングなど、使用法や使うタイミング、ケアの頻度などさまざま。肌への優しさを考慮していることがほとんどで、能書どおりに使っていれば、効率よく角質をケアできるものばかりです。

ただし、より高い効果を期待して、一回のケアのなかでいくつものアイテムを組み合わせて使うことはNG。たとえば、酵素入り洗顔料のあとにふき取り化粧水を使って、さらにピーリングを行う、といったことです。この例はちょっと極端なため、「私は大丈夫!」と思う人が多いかもしれませんが、実は「角質ケア」と大きくうたっていなくても、ニキビ用や美白用のなかに角質ケアの機能を持たせたものも多く、注意が必要です。

角質ケアコスメを一回のケアで重複して使うと、角質を取りすぎてしまう可能性があり、それがまた別の肌トラブルを誘発する危険性も。一度自分が持っているラインナップをチェックし、角質ケアの効果のあるアイテムが重複していれば、朝と晩にわけて使ってみましょう。
 

2. 力が入りすぎる

硬くなった古い角質を取り除こうとするあまり、つい手の指に力が入っている人も見受けられます。スクラブをなじませるときに指先を肌に押しつけていませんか? ふき取り化粧水を使うときにコットンで肌をひっぱっていませんか? もちろん、どれも無意識の行動で肌に負担をかけているつもりはないと思いますが、けっこうがんばりすぎている人が多いようです。

指に力が入って肌がこすれたり引っ張られたりすれば、その摩擦という刺激から肌を守るために角質がさらに厚くなったり、シワやたるみなどの別の肌トラブルを招いてしまう場合も。化粧品は力を入れたからと高い効果を発揮するものではないので、ぜひ一度指の力を抜いてみましょう。ケアをするときに鏡を見てみると、肌がこすれていないか、引っ張られていないか、確認できるはずです。