クラフトチョコレートワークス 「ソフトクリーム カカオ」

世田谷区の「三宿」交差点から歩いてすぐ。「クラフトチョコレートワークス」は、カカオ豆の選別・焙煎からチョコレートまでの全行程を手がける、ビーントゥバーの専門店です。

産地別・シングルオリジン(単一産地)のチョコレートバーが人気ですが、見逃せないのが、自家製のチョコレートを使ったソフトクリームです。カカオ豆から全行程を手がけて作ったチョコレートが使われています。
 
クラフトチョコレートワークス

ソフトクリーム 「カカオ」700円(税込)


私が訪れた日は、コロンビアのトゥマコ産カカオを使った自家製チョコレートが使われていました。美味しかったです。とても!果実の香り、花の香り。カカオの風味がしっかり感じられるのです。
クラフトチョコレートワークス

カカオニブ、ビーントゥバーチョコレートのトッピング

カカオからチョコレートを作るブランドらしく、ソフトクリームにカカオ、そしてチョコレートへのこだわりが現れています。

カカオニブのトッピングが、コーンのふちにも自家製のチョコレートがディップされ、ソフトクリームに向けて暑さを整えられたタブレットも。
 
クラフトチョコレートワークス

「ハーフ&ハーフ」650円、「ジャージーミルク」600円(税込)

ソフトクリームに使われているミルクは香川県の大山牧場のジャージー牛のミルクです。

安定剤の替わりに寒天を使用。本物を味わってほしいという思いから、添加物不使用で乳化剤や安定剤を一切使用せず、シンプルで、安心な材料が使われています。

時期ごとに使われるカカオが異なるので、出かけるたびに違うカカオの風味に出会えそう。同じカカオを使ったタブレットをお土産に買って帰るのも、チョコレートファンなら楽しいことでしょう。フォトジェニックで、スタイリッシュな空間も魅力です。

DATA
クラフトチョコレートワークス
東京都世田谷区池尻2丁目7‐4‐1F
営業時間:11:00~18:00(月曜定休・祝日営業、翌日休み・臨時のお休みあり)
アクセス:田園都市線「三軒茶屋駅」「池尻大橋駅」からそれぞれ徒歩9分
http://www.craft-chocolate-works.com/

いかがでしたか?
どのソフトクリームも人気が高く、チョコレートにこだわりが深いブランドならではの味わいです。

また、これらのソフトクリームは全て日本限定。ヨーロッパに拠点を持つショップも紹介していますが、本国での取り扱いはありません。

チョコレートのソフトクリームをここまで楽しめる国は世界中、どこを探しても日本だけ。ぜひ今年もこの記事の全ページをチェックして足を運んでください。あなた自身のお気に入りを見つけてくださいね。

<あわせて読みたい関連記事>
チョコレートパフェ 厳選7  

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。