タカラジェンヌは女性。なのになぜ女性ファンが多いの?

娘役が好きだという女性ファンもいますが、圧倒的に男役ファンの方が多い宝塚。宝塚の一番のシンボル、一番の売りは「男役」の存在です。

女性であるのに女に見えない、男性の役を演じているのに男には見えない「男役」独自の魅力に惹かれるのは、女性の方が多いようです。

それは、男役が舞台上で演じる役は「こんなにカッコいい人、現実社会にいないわぁ~」と思わせるものが多く、そこに理想の男性像を感じたりするからでしょう。

また、華やかな衣装やセット、リアル過ぎないからこそ美しいラブストーリーに心ときめくのは女性の方が多いからでしょう。


宝塚のオフィシャルサイトは?

「宝塚歌劇オフィシャルウェブサイト」です。

公演情報、チケット購入方法、メディア情報、最新ニュースからタカラジェンヌのプロフィール、公演のバックナンバーなど、多くの情報が掲載されています。


宝塚歌劇団はいつ誰が作ったの?

小林一三「おもいつ記」

(C)阪急コミュニケーションズ

阪急電鉄(当時の箕面有馬電気軌道)の創始者、小林一三です。
1913年(大正2年)7月15日、16名の少女による「宝塚唱歌隊」が、現在の宝塚歌劇団の始まりでした。

■関連記事
宝塚歌劇団100年へのキセキ Part1「“宝塚”歌劇団となった理由」
宝塚歌劇団100年へのキセキ Part2「タカラジェンヌの誕生」

宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル2
宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル3
宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル4
宝塚歌劇団を知らない人のためのQ&A レベル5


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。