気がついたときに行えばOK!

 

 

数年前に、女性のダイエット&ビューティーのサイトで見かけた「内股骨盤体操」。
やる気になった理由は、方法がシンプルなので簡単に覚えられること、11人のモニター実験の結果、2週間で下腹部は3cmもマイナスになったという即効性です!

■ 「内股骨盤体操」の方法 

  1. 背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。
  2. 肩の真下の位置に、ちょうどかかとがくるようにして、つま先はできるだけ内側に向け、「内股」を作ります
  3.  両手は力を抜いて、自然に身体の横に沿って下げる感じで
  4.  そのままの状態で、静かに腰を落とします。(40秒で) 
  5.  ひざとひざがくっついて内股になっても、そのまま下へ!下へ!
  6.  これ以上無理な所まで身体を沈めたら、そのまま元の状態も戻ります。(40秒で)

 

気をつけるポイント

上半身はリラックスした状態で、息は止めないで自然に呼吸します。また、つい苦しくてお尻を出してしまいますが、背筋はまっすぐ保ちましょう。下腹にぎゅーっと力が入るのが実感できます。

おすすめは1日に2~3回

この運動は1回でOKということなのですが、私は2~3回ほどやってました。

特に、何時になったらやろう!と決めないで、ちょっとデスクワークから離れた時や、お風呂に入る前、寝る前など気がついた時に1日3回ほど実行。

ファスナーがしまらなくなってしまった、タイトなジーンズが2週間で閉まるようになったのはうれしい驚きでした。

この体操の良いところ

シンプルなので、コツを覚えやすく気軽に継続できることです。

最初はキツいですが、簡単なので意外と続けられます。慣れてくるとだんだん楽になってきて、お腹が絞まってきたのを感じます。

短期に効果を出したいなら、食事のコントロールも一緒に頑張るとより早く効果が上がりますよ!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。