天枢(てんすう)を複数回ゆっくり押す方法

私は様々な便秘のツボを試してみましたが、抜群の即効性を感じたのは以下のツボ押し法です。

天枢はおへそと胸の乳首(左右問わず)を直角で合わさった部分にあるツボです。そのツボをゆっくり、三本指(人差し指・中指・薬指)で複数回押します。早い人は2~3回押しただけでトイレに行きたくなります。私は、このツボが一番の即効性を感じています。

即効性を感じるのは私だけでなく、私の小学校の一先生(男)も感じていました。生徒の前で便秘に利くツボだと言って天枢を押したところ、2回押しただけでおならが出ました。臭いはともかく、小学生ながら即効性にビックリしたのを覚えています。

ポイントは「お腹をくの字」

ツボ押しは個人差がありますが、上述したように個人的には即効性が抜群のツボだと感じています。ですから、押す時は部屋の中ではなくトイレの中で押すことをオススメします。出したいと感じたのに、トイレに行くまでの時間や動作でその感覚がなくなることがあるからです。

また、お腹をくの字にして押すのがポイントです。お尻を少し突き出す感じで腰を曲げ、そして天枢を押してください。

80%以上の高い確率

上に学校の先生の体験談に触れましたが、私は時々トイレで天枢を押しています。便秘でないにしても、まだ出そうで出ない時など、便座に座りながら押します。100%ではありませんが、80%以上の高い確率で成功します。

■天枢の良い点
とにかく出したいものを出せる喜び、これに勝るものはありません。

■天枢の悪い点

再三触れますが、ツボは個人差があります。私の場合、この天枢は抜群の即効性があります。ですから、トイレに行ったとき以外は押せません。初めて天枢を押したときはトイレで押したわけではなかったので、トイレに行くまでにもよおし感がなくなってしまいました。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。