ふくらはぎを揺らして引き締める

足の幅を10cm程広げた状態で、足の裏半分を使ってふくらはぎを引き締める運動をしていきます。つま先から足の半分までを地面に付けて、かかとを上下に小刻みに揺らしていきます。50回上下に揺らしていきます。

靴やスリッパを履かないで行った方が、揺らしやすいです。靴下を履いて、摩擦から足の裏を守りながら揺らします。その50回の運動が終了した後には、つま先で足全体を伸ばしていきます。つま先立ちを15秒ほどキープして、筋を伸ばすストレッチをします。筋肉痛にならないようにする為でもあり、必ず行います。

足の裏を地面に全部付けて、片方の足を前に出して上半身を低くして運動も行います。前に出した足の膝を曲げて、後ろの足を良く伸ばしてあげます。両足を交互に10回程行っていきます。

姿勢に注意するのがポイント

猫背にならないように、足の広げた形をYの字にして行うとより効果的です。引き締まったふくらはぎになりますし、バランスの良い健康的なふくらはぎになります。もし1回が50回は辛い時には、20回として一日に5回に分けて行っても良いです。

ストレッチ効果のあるストッキングやスパッツ等を履いて行うと、より素敵な形のふくらはぎになれます。足の裏の指の付け根の膨らんだ部分に体重をのせるようにして、上半身を後ろに少し反らしながら行うのがポイントです。

健康的な美しい形に

足首を引き締める効果もあり、ほっそりとしてくる効果もありました。足が強化されて、歩くのが楽になります。後ろから見たふくらはぎが健康的で美しい形になり、かなり引き締め効果がありました。

ヒップにも嬉しい効果

ぺタッとした痩せた形ではなく、健康的な形に痩せるのが良かった点です。ヒップも引き締まる効果もありますし、足も軽くなった気分になれます。歩くのがとても楽になり、下半身が強化出来ます。
ただ、あまり回数を増やしすぎると、足の裏やつま先が痛くなってしまうので注意が必要です。

ながら運動でもOK!

全身の新陳代謝も良くなって、体がホカホカと温まってきて気持ち良くなります。お皿を洗いながらでも良いですし、炒めものを作っているちょっとの合間で出来るのが良い所です。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。