反感を買いやすい人の会話のパターンとは?

hankan1

無意識の応答で相手を怒らせていませんか?

会話で反感を買いやすい人の話し方には、いくつかのクセがあることに気が付きます。

なかでも目立つのは、相手が言った言葉を最後まで聞かず、途中で自分の意見を差しはさむクセ。相手が話しきっていないのに、「そりゃ駄目だよ」「そんなのムリだよ」などと批評めいた言葉で話をちょん切ってしまうパターンです。

本人は無意識でやっているのですが、こうした応答をされると、話をしていた方は屈辱的な気分になります。「最後まで聞いてないのに批判しやがって」という恨みまで持たれてしまうことも少なくありません。

悪気もないのに、こんなささいなやりとりで人間関係を壊してしまうのは、もったいないですよね。では、会話の際には、どんな点に気をつけるといいのでしょうか?

どんな話も、一度「ど~んとキャッチ」する

hankan2

キャッチする前にホームランを打ってはいけない

まずは、相手の言っていることを、一度「ど~んとキャッチ」すること。「会話はキャッチボール」と言われるように、相手の言葉をキャッチする前に、バットで叩き飛ばしてはいけないのです。

相手の話がどんな内容であれ、一度キャッチしてみましょう。「何を言い出すんだ?」「おいおい、そうじゃないだろ!」と思っても、その気持ちは脇に置いておいて、とにかく相手の言葉を心のミットで「ど~んとキャッチ」します。

さらに、受け止めながら、「お~! そうなのか!」「うん、うん」「それは大変だったね」といったあいづちの言葉を送っていくと、相手は「しっかり話を聞いてもらえてる」という実感を得ることができます。

「でも」を使わず、「質問調」で切り返す

hankan3

反論は「質問」に乗せて・・・・・・

相手の話を聞きながら湧く、「それは違うんじゃない?」「こうした方がいいんじゃない?」という意見は、相手の話をしっかり最後まで聞いた後に伝えましょう。

その際に気をつけたいのが、なるべく「でも」を使わないことです。「でも」を多用すると、相手は自分の意見が否定されたように感じてしまうからです。さらに、「質問調」で切り返すと、相手の気持ちを害さずに自分の意見を伝えられるので、お勧めです。2つ例をあげましょう。

1) 相手から「○○さんってひどい!」と聞いたときに、「でも、それは誤解だよ」という意見を返したいあなた。それをそのまま伝えずに、「誤解ってことはないかな?」と質問調で返してみましょう。
2) 「○○って安くてお得だよね」と聞いたときに、「でもその商品、品質が悪いよ」という意見を返したいあなた。それをそのまま伝えずに、「その商品、品質の方はどうかな?」と質問調で返してみましょう。

まず、「でも」という言葉がないために、批判めいた感じがなくなります。さらに、意見を質問にして相手に再考してもらうことによって、相手は「批判、否定された」という印象を受けなくなります。こうした切り返しなら、相手は素直にあなたの意見を聞き、参考にしてくれると思います。

話の聞き方、意見の伝え方一つで、人の気持ちは変わります。ちょっとした心がけで人間関係が好転しますので、ぜひトライしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項