細く薄い足の方、お待たせしました!

新木型undefinedセミブローグ

創業105周年記念モデルで話題となったベビーカーフを用いた、新作の内羽根式のセミブローグです。足囲をEとすることで、細く平たい足向けに従来の製品より更に積極的に対応させています。トウキャップとヴァンプの間に段差のない一枚革の「イミテーションキャップ」仕様です。税込6万8250円(銀座ヨシノヤ 銀座四丁目店 TEL:03-3562-3871)

昨年創業105周年を迎えた銀座ヨシノヤ。昨秋の記事で採り上げた「創業105周年記念モデル」は2013年2月末の販売終了後も問い合わせが結構あるそうで、日本人男性の近年における足の変化を巧みに織り込みつつもファッション的な流行には左右されない姿勢に、高い支持があることをうかがわせてくれます。その「足の変化」について、更に積極的に木型に活かした商品が、2つのデザインでこの春登場しました。足囲の表記が”E”、つまり”EE”であっても実際は相当細身の商品もあるこれまでの同社のものより、更に細い足の方向けの靴です。

実は銀座ヨシノヤではちょうど一世代前、つまり1980年代にも”E”表記のものを販売していて、当時まだ珍しかった細い足の方に一定の評価を得ていました。今回登場した靴はその木型をもとに、細いと言う以上に「薄い足」と言う表現の方が相応しい現代人の細さに合うよう、つま先から甲周りを中心に全面改良がなされています。写真でご覧の通り、トウシェイプは長くも短くもない、審美眼の備わっている方ならラインナップの中心軸に必ず据える普遍そのもののアーモンドトウで、全体的な見た目も奇を衒ったところが全く無く、バランスが高度に整ったものになっているのが、とにかくうれしい! また、今回採用された2つのデザインは、これまでの靴と履き心地の違いがはっきり意識できるものになっているのがポイントで、アッパーの革も対照的な質感のものが用いられています。

新旧モデルの比較

向かって左が新作のセミブローグ、向かって右がこれまでの作品です。つま先から甲にかけて、新作のものがより低く・薄く造形されていることがお解りいただけると思います。靴の表情に合わせて、新作では靴紐もこのお店では主流の編み紐ではなく、平紐が標準装備です。

一つ目は内羽根式セミブローグ、と書きましたがトウキャップは実はヴァンプと同じ一枚の革を段差なく用いた、俗に言うイミテーションキャップ仕様のもの。足の細い方は皮膚や筋肉も薄い「骨ばった足」の方が多いので、屈曲でトウキャップとヴァンプとの段差が足に食い込んで痛みを覚えるのを防ぐための意匠です。それに合わせてアッパーも、柔らかさで一気に評判になった105周年モデルのものと同じ、例の製造元が一切明らかにされていないベビーカーフを用いています。木型・型紙・アッパーの革質の選択が完璧に合っているからでしょう、正に足にピタッと寄り添うしなやかな履き心地に驚かされます。

もう一つは、「レースアップでない靴も履きたい……」との細い足の方からの切実なリクエストに応えたシングルモンクストラップ。こちらのアッパーには張り感と味わい深い経年変化に定評のある、フランス・アノネイ社のキップを採用しました(銀座ヨシノヤでは革の種類を単に「カーフ」ではなく、「ベビーカーフ」と「キップ」とに厳密に区別して呼称します)。こちらは足を支え、守ってくれるような安定感のある履き心地に仕上がっています。いずれのデザインも、細くて薄い足の特徴を活かしかつ美しく見せるのを第一義としたので、底付けにはコバの張りが少ないマッケイ製法を採用しましたが、今後は銀座ヨシノヤが得意とする九分仕立てや、次のページにあるような新機軸にも、どうか積極的に展開していただきたい!
新木型undefinedシングルモンク

同じく新作の”E”木型を用いたモンクストラップです。こちらはアッパーに、高級紳士靴の定番とも言えるフランス・アノネイ社のキップを採用しました。ベビーカーフとは対照的に、足元をしっかり支えてくれる履き心地を得られます。バックルの金色が懐かしくも新鮮! 税込6万8250円(銀座ヨシノヤ 銀座四丁目店 TEL:03-3562-3871)



【商品案内】
◎ 内羽根式セミブローグ
・色: 黒、ダークブラウン(共にベビーカーフ)
・底材: シングルレザーソール*ラバーヒール(半カラス仕上げ)
・製法: マッケイ
・サイズ: 24.0~27.0 E
・価格: 6万8250円(税込)

◎ シングルモンクストラップ
・色: 黒、ブラウン(共にフランス・アノネイ社製キップ「ボカルー」)
・バックルの色: 金色
・底材: シングルレザーソール*ラバーヒール(半カラス仕上げ)
・製法: マッケイ
・サイズ: 24.0~27.0 E
・価格: 6万8250円(税込)


さて、その新機軸とは一体何? 詳しくは次のページへ!