管理規約の変更にチャレンジしてみる

ペット禁止の規約を変えるのはたやすいことではない。でも可愛いペットのためならがんばれそう?
マンションの規約がペットを禁止しているのであれば、その規約を変えればよい、という発想もありますよね。

たとえば、自分以外にも隠れてペットを飼っているお宅が複数ある場合、協力しあって、管理組合の集会で、ペット飼育を可とするように管理規約の変更を求めていく、という方法も考えられます。

実際にマンションの管理規約を変更するためには、区分所有者数及び議決権の各4分の3以上の多数によって集会で決議する必要があるのです。こうしてみると、言うのはシンプルですが、実際にはハードルの高いことかもしれません。

ただ、分譲マンションを購入される方は、長期間、場合によっては一生居住し続けることを前提としている場合が多いと思います。ですから、管理規約の変更を求めることは、これからも長い期間ペットと一緒に住み続けるために、頑張ってみる価値のある行為でしょう。

「ペットが飼えるマンション」が資産価値を生む!?

ペットブームですから、「ペットを飼える」という管理規約があることが、資産価値を低めるのではなく、逆に資産価値を高める可能性がある、ということを主張すると効果的です。その一方で、ペットによる弊害がいかに少ないか、ということも主張しなくてはなりません。

そんなときには、たとえば、東京都が平成6年に作成した「集合住宅における動物飼養モデル規程」などがを参考になります。これは、いわば、ペット飼育を認めた場合に飼育者に対する規制を定めたもの。

ただ、ペットの飼育解禁を主張するだけではなく、いかにして飼い主達が自己規制を行なっていくか、また、管理規約にそのような規制を盛り込んでいくか、ということも、併せて議論しながら、お話を進めていくのが望ましいでしょう。


可愛いペットは、家族の一員。でもそれだけではなく、マンションでも認められた一員にもなれれば、それに越したことはないですよね。

【関連サイト】
・関連サイト ペット共生マンションの現状
・関連サイト 犬専用の設備が充実 ペット対応マンション!

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。