海がテーマのガウディ傑作 「カサ・バトリョ」

 

 

こちらはガウディが増改築を手掛けた住宅で、地下鉄2、3、4号線パセジ・ダ・グラシア駅からすぐの場所にあります。カサ・ミラが山をテーマにした建築であるように、カサ・パトリョは海をテーマにした建築です。

この2つの建築はとても対象的なデザインとなっており、カサ・ミラはシンプルに石を積み上げたような外観なのに対し、カサ・パトリョは色とりどりのモザイクガラスで装飾され、建物内部の吹き抜けも青一色に染まっているなど、建物全体が海や海底をイメージさせるデザインで統一されています。

とくに内部の吹き抜けは、低層階から高層階に掛けて青色の濃淡が異なり、目の錯覚を利用して海の深さを表現したとてもユニークな作りになっています。これは、エレベーターに乗るとよくわかります。ついつい奇抜な建築の形(デザイン)に目がいきがちですが、カサ・バトリョはこのような繊細な色使いにもぜひ注目してみてください。

そしてできれば、カサ・バトリョとカサ・ミラの両方を見学することをおすすめします。カサ・ミラは同じグラシア通り沿い、2ブロックほど隣りととても近所にあります。

これだけ近い場所で2つの邸宅の建築・デザインを手掛け、そのどちらも世界遺産に認定されたのですから、ガウディは偉大ですよね。

カサ・バトリョが大人一人18ユーロ、カサ・ミラが11ユーロと2ヶ所まわれば決して安くない入場料ではありますが、これらを観賞すれば、「同じ建築家でもテーマによってこうも特徴の異なるデザインになるのか」と感動を覚えること間違いなしです!

■カサ・バトリョ
・住所:Pg. de Gracia 43 08007 Barcelona
・営業時間:9:00~20:00
・休業日:なし
・URL:www.casabatllo.cat

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。