ここではドイツ語の一般的数詞である、基数を紹介いたします。


一桁の数は、基本の基本

0-10

ドイツ語の数詞、0~10。斜体青文字は英語の対応数詞



ドイツ語の1から10は、eins (アインス)、zwei (ツヴァイ)、drei (ドライ)、vier (フィーア)、fünf (フュンフ)、sechs (ゼックス)、sieben (ズィーベン)、acht (アハト)、neun (ノイン)、zehn (ツェーン)です。

zwei Bücher (ツヴァイ ビューヒャー/本2冊) 、fünf Personen (フュンフ ペァーネン/5名)のように、ドイツ語の数詞は語形変化なしに付加語的に用いられます("zweie Bücher"などとしないように!)。

が、einsのみは、付加語的用法では不定冠詞ein (英語のa)として、eine Freundin (アイネ フロインディン/一人の女友達)のように語尾変化をとることになります。
ただしein Uhr (アイン ウーア/1時)、ein Viertel (アイン フィアテル/4分の1)のように、時刻や分数を表す場合はeinのまま。いずれの格であれ語尾変化はありません。

そして0はドイツ語でnull (ヌル)。
かの007ことジェームス・ボンドも、ドイツでは「ヌルヌルズィーベン」と称されるわけです。


10の桁は、-zehnに注目


1119

10台の数字は、語尾の-zehnに注意



続く10台の数字ですが、elf (エルフ)、zwölf (ツヴェルフ)、dreizehn (ドライツェーン)、vierzehn (フィアツェーン)、fünfzehn (フュンフツェーン)、sechzehn (ゼヒツェーン)、siebzehn (ズィープツェーン)、achtzehn (アハツェーン)、neunzehn (ノインツェーン)。

ご覧のように13以降は、1の位の数字の語尾に-zehnを付したものとなっています。
ただしsechzehnsiebzehnは、sechszehnやsiebenzehnとしないように。
発音の微妙な相違にも注意をしてください。