ドイツ語の発音は、ローマ字読みである程度いけます。
例えば英語のcomeやfindに対応する動詞は、kommen (コメン) にfinden (フィンデン)。
また、Name (ナーメ)にBus (ブス) 、さらにはNATO (ナトー)といった略語も、同綴りの英単語と異なり、ローマ字読みで対応できるわけです。


清濁に注意!

ただし子音によっては、濁ると思われる音が濁らなかったり、その逆だったりする例もあり、注意が必要です。

  • 英語では通常濁るが、ドイツ語では濁らない音
JJapan (ヤーパン/日本)、jung (ユング/若い)
VVolk (フォルク/国民)、vier (フィーア/4)
XExamen (エクサーメン/試験)、Exil (エクシール/亡命)
ZZahn (ツァーン/歯)、Zoo (ツォー/動物園)

  • 英語では通常濁らないが、ドイツ語では濁る音
SSonne (ゾネ/太陽)、 Seele (ゼーレ/魂)
WWasser (ヴァッサー/水)、Wort (ヴォルト/言葉)


ただしSが上のように濁音化するのは直後に母音が来る場合。それ以外は、Szene (スツェーネ/場面)のように、濁りません。


口の動きを再確認

また、特殊文字の発音にも気をつけましょう。
Gespraech

口を大きく使った発音を


例えばedel (エーデル/高貴な)、Bär (ベーア/熊) 、Öl (エール/油) のeäöは、いずれもカタカナ表記では「エー」となりますが、アルファベート記事で見たように、eでは口は横に引かれ、äでは開かれたまま、öでは「う」の発音時のように丸く突き出されて、「エー」と発音されます。

またÜ (ユー)とU (ウー)も、schwül (シュヴュール/蒸し暑い) とschwul (シュブール/男性同性愛者の)など紛らわしい単語がありますし、しっかり区別しましょう。

もう一つの特殊文字ß (エスツェット)はFuß (フース/足)のように、濁らないSの発音です。